東の海(イーストブルー)編

オレンジの町のあらすじ1 海賊専門の泥棒ナミと道化のバギー

前回のあらすじ

シェルズタウンでルフィとコビーはゾロと出会う。
ゾロはいわれのない罪で海軍に捕まっていた。
シェルズタウンの海軍の主であるモーガンは町民から多大な税を巻き上げる悪い海軍であった。

ルフィは海軍に捕まっているゾロを助け出し、海軍のモーガンもルフィとゾロが協力して倒す。
ゾロはルフィの仲間になりコビーは海軍に入隊することになった。
ルフィは初めての仲間であるゾロと2人で海を航海していた。

前の話はこちら シェルズタウンのあらすじ 初めての仲間、海賊狩りのゾロ

離れ離れになるルフィとゾロ

シェルズタウンを後にしたルフィとゾロ。

だが、2人は航海術を持っていなく、食料もない。
そこでルフィは空を飛んでいる大きな鳥を捕まえて食べようと言い出す。
ゴムの能力を使って鳥まで辿り着くが逆にルフィが鳥のくちばしに挟まってしまう。
急いでゾロは鳥を追うが、漂流している男たちが勝手に小舟に乗り込んでくる。
おかげでゾロはルフィと鳥を見失ってしまう。

男たちは海賊道化のバギーの一味であった。
バギー一味の話しによると、ある女に騙されて手に入れたお宝と小舟を盗まれたという。
ゾロはとりあえずバギーが拠点としているオレンジの町に向かう。

海賊専門の泥棒ナミ

ルフィをくちばしで挟んでいた鳥はオレンジの町の上空を飛んでいた。

そこにバギー一味が大砲で鳥を打ち落とす。
ルフィはオレンジの町に到着する。
ルフィが空から落ちてきた場所では先にバギー一味の宝箱を盗んだ女であるナミがバギー一味から逃げていた。
ナミは海賊専門の泥棒をしている。
ナミは今度はバギー一味から偉大なる航路(グランドライン)の海図を奪ってバギー一味から逃げていたところであった。

ナミは機転を利かせ、ルフィの事を親分と呼び、バギー一味の追っ手をルフィに擦り付ける。
だが、ルフィはバギー一味を圧倒する。
ルフィの強さを見たナミはルフィと手を組むことを提案する。

海賊専門の泥棒ナミ

ルフィはナミが航海術を持っている事と、偉大なる航路(グランドライン)の海図をバギーから盗んできたことに魅力を感じて海賊の仲間になることをお願いする。
だが、ナミはルフィが海賊だと分かった瞬間にルフィの事を受け入れなくなった。
実はナミの親は海賊に殺されていたのである。

親を海賊に殺されたナミの過去

ルフィとナミのピンチに助けに来たゾロ

それでも引き下がらないルフィを相手にナミはルフィを縄で縛りあげてバギーの所へ行く。
ルフィを手土産に一度バギー一味に入ったふりをして、偉大なる航路(グランドライン)の海図とバギーのお宝を手に入れようという算段であった。

だが、ナミの考えは甘かった。
バギーは檻に入れられたルフィを大砲で殺すようにナミに命令する。
ナミが迷っている内にバギー一味の一人が大砲に点火をする。
その男をナミはルフィを助けるためにで倒してしまう。
ナミは大事な人の命を奪った海賊と同類にはなりたくなかったのである。
怒ったバギーはナミを殺そうとする。

そこに助けに入ったのがゾロ。
海で一緒になったバギー一味と共にオレンジの町に着いていたのである。

バラバラの能力 道化のバギー

ゾロはルフィを助けに来たが、バギーはゾロを打ち取って名を上げたい。
ゾロとバギーが戦うが一瞬でゾロがバギーを斬ってしまう。

だが、バギーは死んではいなかった。
宙に浮かんだバギーの手に持つナイフがゾロの横っ腹を貫いている。
バギーは悪魔の実の一つ”バラバラの実”の能力者であった。
剣で斬られてもバラバラに分解するだけで、元に戻る能力である。

深手を負ったゾロはルフィに逃げるように言われる。
そこで先にルフィを殺そうとした大砲の向きをバギーの側に変えて大砲を打つ。
その内にゾロはルフィが閉じ込められている檻ごと持って町の中へ逃げ出す。
怒りに怒ったバギーはルフィ、ゾロ、ナミを殺すように仲間たちに命じる。

燃やされたシュシュの宝物を見て怒るルフィ

ルフィ達が逃げ出した町の途中にペットフード店の前にずっと立っている犬がいる。
その犬の名前はシュシュ。
死んだ店の店主との思い出の場所であると町の町長は話してくれた。

だが、そんな時バギー一味からの刺客が現れる。
猛獣使いのモージとそのペットであるライオンのリッチーである。
町長とナミはその場から逃げ出し、檻に入ったルフィとペットフード店から離れないシュシュだけが取り残されてしまった。
リッチーはまずルフィを檻ごと壊して、リッチーの腕力でルフィを吹き飛ばしてしまう。
ルフィは遠くに飛ばされたものの、ゴム人間であるルフィには全く効いていない。
リッチーは次にペットフード店を襲う。
シュシュは必死に店を守るがリッチーの強さの前には歯が立たなかった。

そこでルフィは燃やされてしまったペットフード店を見つけて怒りが湧いてくる。
再び相対するルフィとモージ。
リッチーは檻から出たルフィの強さに圧倒される。
ルフィは何とかペットフードを一つだけ取り返しシュシュに渡す。
シュシュはルフィに感謝をして吠えた。

しかし、町長はシュシュやルフィが戦っているのに自分達の町がバギーに支配されていくことに我慢できなかった。
無謀は承知で一人バギーの元へ向かっていく。
ちょうど起きてきたゾロも加わり、ルフィとゾロは臨戦モード。
バギー海賊団への反撃が始まる。

ルフィとゾロの反撃開始

次の話はこちら オレンジの町あらすじ2 麦わらの一味VSバギー海賊団

前の話はこちら  シェルズタウンのあらすじ 初めての仲間、海賊狩りのゾロ

本記事の内容はこちら↓

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック