豆知識

偉大なる航路(グランドライン)とは

海を2つに分ける赤い土の大陸(レッドライン)

ワンピースの世界では、地球をぐるりと1周する大きな大陸がある。

それが、赤い土の大陸(レッドライン)である。

この赤い土の大陸(レッドライン)によって地球の海は大きく2つに分断されている。

赤い土の大陸は、ルフィ達が偉大なる航路に入る時に目にしている。

赤い土の大陸(レッドライン)から直角に世界を1周する航路が偉大なる航路(グランドライン)

赤い土の大陸の中心にはマリンフォードという場所がある。

マリンフォードには海軍の戦力の全てが集結している海軍本部がある。

このマリンフォードから赤い土の大陸(レッドライン)に垂直に地球をぐるりと1周しているのが偉大なる航路(グランドライン)である。

赤い土の大陸(レッドライン)から垂直に伸びているのが偉大なる航路(グランドライン)

偉大なる航路(グランドライン) は普通の海よりも航海が難しく、海賊の墓場とも呼ばれている。

史上にも偉大なる航路(グランドライン)を唯一制覇したのは海賊王ゴール・D・ロジャーのみである。

また、偉大なる航路(グランドライン) は2つの海域に挟まれている。

それは凪の帯(カームベルト)と呼ばれる。

凪の帯(カームベルト)は無風の海域であり、巨大な海王類の巣である。

そのため、東の海(イーストブルー)から直接偉大なる航路(グランドライン) へ入ることは普通の船ではできないのである。

そのため、ルフィ達は偉大なる航路(グランドライン) へ入るためにリヴァースマウンテンを経由して入ったのである。

ルフィ達が偉大なる航路(グランドライン)へ入るあらすじはこちら

2つに分かれる偉大なる航路(グランドライン)

偉大なる航路(グランドライン) は赤い土の大陸(レッドライン)によって、前半の海と後半の海の2つに分かれている。

前半の海を”楽園”と呼び、後半の海を”新世界”と呼ぶ。

新世界の海は、偉大なる航路(グランドライン) でも航海が過酷な海であり、海賊の強さも尋常ではない。

海賊の頂点に立つ四皇が統べる海でもある。

また、ログポースが示す最後の島は水先星島(ロードスターとう)である。

水先星島(ロードスターとう)に到着すると、歴史の本文(ポーネグリフ)の謎について知ることができて、偉大なる航路(グランドライン)の本当の最後の島であるラフテルへの行き方を知ることになる。

ラフテルの場所は、4つのロードポーネグリフに書かれている4つの地点を結んだ線の交点に存在する。

赤い土の大陸(レッドライン)と偉大なる航路(グランドライン)で分かれているのが4つの海

ワンピースの世界では赤い土の大陸(レッドライン)と偉大なる航路(グランドライン)によって

4つの海に分断されている。

その内の1つの海がルフィの故郷のフーシャ村がある東の海(イーストブルー)である。

フーシャ村のあらすじはこちら

東の海(イーストブルー)の他に、

北の海(ノースブルー)、西の海(サウスブルー)、南の海(サウスブルー)がある。

ワンピースの世界では

4つの海と、偉大なる航路(グランドライン)を航海する。