偉大なる航路(グランドライン)編

ジャヤのあらすじ ウソつきノーランドと夢の世界空島スカイピア

前回のあらすじ

クロコダイルに一度敗れたルフィだったが再びクロコダイルの前に現れる。

そして、他の麦わらの一味はクロコダイルが用意した大砲の発射を阻止する為に動く。

大砲の発射を止めることができたが、砲弾が時限式だったためにアラバスタ王国に仕えるトリトリの実の能力者であるペルが砲弾を空高くまで持ち上げて国を守る。

ルフィはクロコダイルにまたしても敗れたものの3度目の戦いでクロコダイルを倒すことができた。

戦いを終えたルフィ達はアラバスタ王国へ旅立とうとするがビビは冒険を続けるかアラバスタ王国に残るか迷っていた。

最終的にはビビはアラバスタ王国に残ることを決意する。

だが、ルフィ達との仲間という関係はこれからも変わらない。

なぜなら、皆の左手に誓った×印が仲間の証だからである。

ルフィ達は左手を空に突き上げながらビビと砂漠の国アラバスタ王国に別れを告げて新しい冒険へ出かけるのであった。

前のあらすじはこちら アラバスタ王国のあらすじ3 涙の終戦とビビとの別れ

新しい仲間ニコ・ロビン

アラバスタ王国を出港したルフィ達はビビが一緒に船に乗らなかったことを嘆いていた。

皆もっとビビと冒険をしたかったのである。

だが、そこに現れたのは敵であったバロックワークスの幹部であるミスオールサンデーだった。

そして、彼女はルフィ達の海賊の仲間にして欲しいと頼んでくる。

ロビンがルフィ達に仲間に入れてほしいとお願いする

ミスオールサンデーの本当の名前はニコ・ロビン。

ロビンはルフィとクロコダイルが戦った地下神殿が崩れる時に一緒に死のうとした。

ロビンは世界中に点在する古代の人達が残したポーネグリフに書かれている歴史の謎を解き明かすことが夢であった。

だが、ポーネグリフを読むことは法律で禁止されている。

ロビンの夢を叶えるには敵が多すぎたのだった。

だが、ロビンが死にたがっているにも関わらず助けようとしたのがルフィだった。

ロビンはルフィによって命は救われたものの行く宛もない。

だから、仲間にして欲しいと頼んできたのだった。

ルフィは仲間の反対を押し切ってロビンを仲間にすることを承諾する。

ともあれ、麦わらの一味にかつて敵であったニコ・ロビンが新しい仲間になった。

ログポースが示す先は空島スカイピア

ロビンを仲間にした麦わらの一味は航海をしていたが、突然空から大きなガレオン船が降ってきた。

そして、次の島への行き先を示すログポースが空を示すようになった。

ロビンによるとログポースは空島への指針を示していると言う。

ルフィ達は降ってきたガレオン船の残骸から空島スカイピアの地図を見つけた。

空島スカイピアの地図

ルフィ達は空島へ行くことを決める。

そのためにも情報が必要な為ルフィ、ゾロ、サンジは海へ沈んだガレオン船を捜索する。

そこへ、降ってきたガレオン船をサルベージする為にマシラという海賊が現れた。

だが、マシラはガレオン船の中にいるルフィ達に勘付き、自ら船へと潜っていく。

すると突然夜になったかのように辺り一面が暗くなり始めた。

そして、ルフィ達は急いでガレオン船から上がってくる。

だが、その暗闇の中に巨人族の何倍もあるような巨人が現れた。

ルフィ達は急いでその場から逃げ出した。

結局空島への情報は何も得られなかった。

だが、ロビンは海賊マシラからエターナルポーズを盗んでいた。

そこに書かれていたのはジャヤ。

とりあえずルフィ達は空島の情報を集めるためにジャヤへ船を向かわせる。

無法者の町ジャヤ

ジャヤへ到着したルフィ達。

だが、ジャヤは無法者が集まる町だった。

その町にルフィとゾロとナミが入っていく。

そこで出会ったのはベラミーという海賊である。

ベラミーはルフィ達を自分の海賊団の仲間にしようとするが、ナミが空島の情報を聞いた時町中から笑われた。

ベラミーにとって空島という空想のような話をする人間は嫌いだったのである。

ルフィはベラミー達に攻撃をされるがルフィは反撃をしない。

なぜなら、夢を追わない海賊に対して出す拳がなかったのである。

ルフィは絶対にこの喧嘩を買ってはいけないと思った。

その騒動を見ていた黒ひげの大男は悔しがるナミに対して言葉をかけた。

人の夢は終わらない。

黒ひげティーチが人の夢は終わらねえと叫んでいる様子

それが空島であっても海賊王であっても人が夢を追い続けるのは海賊の性だからである。

ルフィ達は黒ひげの大男と別れ船に戻った。

一方でロビンも空島の情報を町で聞いていた。

ジャヤの外れに空島と同じような夢を語った男が住んでいるらしい。

男の名前はクリケット。

ルフィ達はクリケットに話を聞きに行く。

同じ夢を持つウソつきノーランドの子孫クリケット

クリケットはノーランドという男の子孫であった。

ノーランドとは400年前に存在した冒険家である。

ノーランドはジャヤで黄金郷を見つけたと人々に話すが実際はジャヤには黄金郷はなかった。

そして、嘘を付いたノーランドは処刑されてしまう。

ノーランドの子孫であるクリケットは黄金郷がジャヤにあると証明する為に海へ潜り黄金を探していたのである。

実際に海底から少しの黄金を見つけることはできていた。

そして、クリケットから空島への行き方を教えてもらう。

クリケット達がルフィ達が空島に行く手伝いをしてくれる様子

だが、実際に空島が存在するかはクリケットにも分からない。

クリケットの空島が存在し行く手段は次のようである。

ルフィ達がガレオン船に潜っている間に急に夜が来たのは積帝雲と呼ばれる雲である。

未だ謎が多い雲であり空島がある可能性は積帝雲しか無い。

そして、積帝雲に行くには突き上げる海流(ノックアップストリーム)に乗ることである。

突き上げる海流(ノックアップストリーム)は海底から空高くまで大きな水柱を立てる現象である。

それに乗って積帝雲へ突っ込むのである。

そして、突き上げる海流(ノックアップストリーム)が起きる場所と積帝雲が起きる場所が重なるのは明日である可能性が高い。

ルフィ達はクリケット達の力を借りてゴーイングメリー号を強化して明日への準備に取り掛かるのであった。

海賊ベラミーからクリケットの黄金を奪い返すルフィ

ルフィ達は空島へ行く準備をするためにサウスバードという鳥が必要であった。

ルフィ達は森の中に入りサウスバードを探していた。

その間にクリケット達はゴーイングメリー号の強化をしていた。

その時、クリケット達の前に現れたのは海賊ベラミーであった。

ベラミーはクリケットが黄金を持っている話を聞いて奪いに来たのであった。

ルフィ達がクリケットの元へ戻る頃にはクリケット達は血まみれになって黄金は奪われた後であった。

そして、ルフィは一人でクリケットの黄金を奪い返すためにジャヤの町へ全力で走っていく。

その頃、ベラミーは酒場で呑んでいた。

そこへルフィとゾロの手配書を見つける。

ルフィの懸賞金が1億ベリー、ゾロの懸賞金は6千万ベリーである。

アラバスタ王国の一件でルフィは懸賞金が3千万ベリーから上がり、ゾロは新しく手配書を作られていたのである。

ベラミーの懸賞金は5千5百万なのでルフィ達よりも低い。

だが、ベラミー実際にルフィ達を昼間にボコボコにしているので恐れることはなかった。

そして、ルフィはベラミーを見つける。

ルフィはクリケットの友達であるからベラミーが奪った黄金を取り返す様子

ベラミーはバネバネの実の能力者であり、ルフィに攻撃を仕掛けていく。

だが、ベラミーはルフィのパンチ一発でK.Oされる。

そして、ルフィはベラミーからクリケット達の黄金を奪い返したのである。

空飛ぶメリー号がいざ空島へ

翌日の朝にルフィはクリケット達の元へ戻ってきた。

ルフィはベラミーから奪い返した黄金をクリケットに返して強化されたゴーイングメリー号フライングモデルに乗る。

クリケットはルフィに礼を言って別れを告げる。

ルフィ達はクリケットの部下である海賊マシラ達と共に突き上げる海流(ノックアップストリーム)が起きる場所へと向かう。

そして、再び急に辺りが夜になった。

積帝雲の下に来たのである。

そして、突き上げる海流(ノックアップストリーム)の前兆である大きな渦潮が起きてその中にルフィ達は突っ込んでいく。

そこへ、現れたのは昨日ルフィ達に夢を語った黒ひげの大男であった。

彼の名前は黒ひげと名乗る海賊であった。

黒ひげが狙うのは1億ベリーを超える海賊の首であった。

だが、時すでに遅く突き上げる海流(ノックアップストリーム)が空高く昇り始めた。

黒ひげの船は木っ端微塵になった。

ルフィ達は突き上げる海流(ノックアップストリーム)の水柱に沿って昇っていた。

だが、船は水柱から離れそうになる。

そこで、ナミは一味全員に帆を張るように指示する。

突き上げる海流(ノックアップストリーム)はあくまで海流であり、下から風も吹き上げていた。

そして、船は水柱から離れてしまうがゴーイングメリー号は空を飛びながら海流を昇ることができた。

突き上げる海流(ノックアップストリーム)に沿って空を飛ぶゴーイングメリー号

ルフィ達は積帝雲へと突っ込んでいく。

果たして積帝雲の中には空島はあるのだろうか。

未だ見ぬ冒険がルフィ達を待っている。

次のあらすじはこちら 世界情勢のあらすじ1 新しい七武海とシャンクスの動き

前のあらすじはこちら アラバスタ王国のあらすじ3 涙の終戦とビビとの別れ