インペルダウン

インペルダウンのあらすじ2 ルフィ瀕死状態、ドクドクの実の能力者でありインペルダウンの署長のマゼラン

前回のあらすじ

ボアハンコックの力を借りて兄エースが収監されているインペルダウンに侵入したルフィ。

階層ごとに分かれているインペルダウンをどんどん下っていくと、かつての敵が仲間として現れる。

バギー、Mr.3、Mr.2ボンクレー。

そして、レベル3で獄卒獣ミノタウルスを倒した4人はレベル4へと向かう。

だが、レベル4にはインペルダウンの戦力が集結していた。

前回のあらすじはこちら インペルダウンのあらすじ1 ルフィがインペルダウンに侵入、増えていく仲間

焦熱地獄で署長マゼランと対峙、瀕死状態のルフィ

レベル4は焦熱地獄。

肌が焼けるような熱さである。

そこでルフィ達はインペルダウンの署長であるマゼランと対峙する。

マゼランはドクドクの実の能力者であり、触れると毒に感染してしまう。

勝ち目は無いのでボンクレーはルフィに逃げるように言う。

だが、マゼランはすでにレベル4の入り口は全て封鎖してしまっていた。

ルフィはマゼランと戦う。

だが、ルフィがマゼランに攻撃すると毒に感染してしまう。

ルフィはそれを覚悟してマゼランに攻撃する。

マゼランに膝を付かせたもののマゼランを倒すことはできない。

そして、ルフィは沢山の毒を受けてしまい解毒の方法はすでに無かった。

ルフィを助けるボンクレー、地獄のそこにも友情の花は咲く

ボンクレーはルフィとマゼランが戦っている場所から逃げていた。

だが、ボンクレーはルフィを見捨ててはいなかった。

ボンクレーは副所長であるハンニャバルにマネマネの能力で化けていた。

そして、ボンクレーはルフィをある人の場所まで連れて行こうとした。

それは、オカマ王イワンコフ。

インペルダウンに収監されている囚人であり、数々の奇跡を起こしたと言われている。

ボンクレーはルフィが収監されているレベル5まで下りていく。

そして、ルフィを檻の中から出す。

だが、レベル5には沢山の狼がいた。

狼達は瀕死状態のルフィを引き連れたボンクレーに攻撃をする。

そこへ現れたのは一人の怪しい男だった。

インペルダウンレベル5.5、カマバッカ王国のイワンコフ

意識を失ったボンクレーが気づいた時にいた場所はパラダイスのような場所だった。

そこの場所の名前はレベル5.5。

レベル5.5はかつて穴掘りの能力者がレベル5とレベル6の間に作った空間であった。

その場所の中心にいたのがオカマ王イワンコフだった。

イワンコフはホルホルの実の能力者であり、人体のホルモンを自在に変えて改造することができる。

そして、自由自在に性別を変えることもできるのである。

ルフィ達を助けたのはイワンコフの部下であるイナズマ。

イワンコフはすでにルフィの治療にかかっていた。

だが、ルフィの命が助かる確率は2,3%しか無い。

後はルフィの気力だけが頼りである。

ルフィは治療の間ずっと痛みから叫び続けていた。

そんなルフィをボンクレーはずっと応援し続けた。

ルフィ復活、奇跡の度を超えた奇跡

ボンクレーが応援し続けているとルフィの叫び声が止まった。

まだ治療から20時間しか経っていない。

ルフィは死んでしまったと思われた。

だが、ルフィは生きていた。

マゼランの毒に打ち勝ったのである。

ルフィはレベル5.5にある食料をありったけ食べるとエネルギーを吸収して復活したのである。

ルフィは生き永らえた体で再びエースを助けに行こうとする。

そして、イワンコフも一緒に逃げ出さないかと誘った。

なぜなら、ボンクレーはオカマ王イワンコフを助けたかったからである。

だが、イワンコフは革命軍のボスであるドラゴンが動き出さない限り自分は脱獄しないと言う。

イワンコフは革命軍の一員だったのである。

そして、革命軍のボスであるドラゴンはルフィの父親である。

ルフィの父親は世界最悪の犯罪者ドラゴン

だが、そのことはイワンコフも知らなかった。

つまり、エースの父親もドラゴンということになる。

すると、海軍は白ひげ海賊団だけでなく革命軍も相手にしなければならなくなる。

とにかく、イワンコフは革命軍のボスの息子が殺されるのを黙ってみているわけにはいかない。

イワンコフはルフィとと共にレベル6へ行きエースを助けることにする。

一足遅かったルフィ、再びエースを助けるために海軍本部へ

ルフィとイワンコフとイナズマはレベル6へ向かった。

だが、すでにエースはインペルダウンから海軍本へと身柄を移しているところだった。

すると、今度はルフィは海軍本部へ行きエースを助けると言う。

だが、ルフィ達はレベル6に閉じ込められてしまい出ることができない。

そこでレベル6にいた囚人の一人に元七武海のクロコダイルがいた。

ルフィとクロコダイルの戦い

クロコダイルの力を借りれば天井に穴を開けて抜け出すことができる。

ルフィは不安ながらもクロコダイルを開放する。

更にレベル6にはもうひとり七武海のジンベイが捕まっていた。

ジンベイはエースの処刑に反対したことでインペルダウンに収監されていた。

ルフィはジンベイのことも信じて開放する。

ルフィは元も含めて七武海二人を合わせた戦力でインペルダウンの脱獄をするのである。

果たしてルフィ達は無事にインペルダウンを脱獄して海軍本部へ行くことができるのだろうか。

次のあらすじはこちら インペルダウンのあらすじ3 インペルダウンを脱獄、自らを犠牲にするMr.2ボンクレー

本記事の内容は以下の巻に収録。

次のあらすじはこちら インペルダウンのあらすじ3 インペルダウンを脱獄、自らを犠牲にするMr.2ボンクレー

前回のあらすじはこちら インペルダウンのあらすじ1 ルフィがインペルダウンに侵入、増えていく仲間