パンクハザード

パンクハザードのあらすじ1 トラファルガーローとの海賊同盟

前回のあらすじ

魚人島に辿り着いた麦わらの一味は魚人島を乗っ取ろうとするホーディ率いる新魚人海賊団と戦っていた。

ルフィの仲間たちが新魚人海賊団の幹部を倒し、ルフィはホーディを倒す。

更に、方舟ノアによって壊されそうになった魚人島をも救った。

だが、しらほし姫に眠る力ポセイドンが開花してしまった。

ルフィ達は四皇ビッグマムの部下と出会い、ビッグマムが魚人島を滅ぼそうとするところをルフィが庇う。

そして、ルフィはビッグマムに喧嘩を売って魚人島を後にする。

いざ新世界の海を航海するのである。

前のあらすじはこちら 魚人島のあらすじ3 魚人島を救う麦わらの一味と新たな敵四皇ビッグマム

いざ新世界の海へ

麦わらの一味は魚人島から地上へ出るために船を浮上させていた。

船を浮上させている途中でアイランドクジラの群れに出会う。

ルフィ達はアイランドクジラに乗せて貰い地上へと出る。

そして、待っていた新世界の海は炎が舞い上がる海だった。

とうとう新世界の冒険が始まるのである。

炎と氷の島パンクハザード

ルフィ達が浮上した場所には島があった。

その時、電伝虫が鳴る。

電伝虫を取ったルフィの相手は助けを求めていた。

どうやらサムライに襲われているらしい。

そして、助けを求める人はパンクハザードという島にいる。

ルフィ達の目の前にある島がパンクハザードだった。

ルフィ、ゾロ、ウソップ、ロビンは燃えている島であるパンクハザードに上陸する。

だが、パンクハザードに上陸するとそこにいたのはドラゴンだった。

ルフィ達はドラゴンと相まみえることになるが、ゾロがドラゴンをぶった切る。

そして、ドラゴンには不思議なことに人間の下半身がくっついていた。

ルフィはその下半身を捕まえて島を進んでいった。

一方で船に残ったサンジ達は怪しい者達に催眠ガスによって眠らされて幽閉されてしまった。

その捕まった部屋には不思議な生首だけの人の顔があった。

それはワノ国のサムライだった。

サンジ達はワノ国の生首を持ってフランキーのレーザービームによって部屋を壊して逃げ出す。

部屋を進んでいくと巨大な子どもたちがいた。

巨大な子どもたちは今いる施設に捕まっているらしい。

サンジ達の元に追ってが現れるが子どもたちに助けてほしいと言われて助けることにする。

一方で海軍本部中将にまで昇進したスモーカーと大佐のたしぎは麦わらの一味の行方を追っていた。

なぜなら、ルフィが出た電伝虫を盗聴していたからである。

スモーカーはパンクハザードの捜索を始める。

だが、スモーカーが到着したパンクハザードの天候はまるで吹雪だった。

パンクハザードはかつて青キジと赤犬が海軍元帥を決めるための決闘の場だった場所だった。

青キジと赤犬の決闘の結果、パンクハザードの天候を変えるほどにしてしまったのである。

青キジと赤犬の海軍元帥を決める決闘

王下七武海トラファルガーローVSスモーカー

スモーカーはパンクハザードに入ると怪しい施設を発見する。

その施設から出てきたのは王下七武海のトラファルガーローだった。

トラファルガーローは2年間の間で七武海入りを果たしていたのである。

ローはスモーカーを追い返そうとする。

その時、子どもたちと一緒に逃げてきたサンジ達が施設の入り口でロー達と遭遇する。

サンジ達は海軍から逃げるために入り口から引き返す。

だが、ローはオペオペの能力でサンジ、フランキー、ナミ、チョッパーのそれぞれの肉体と意識を入れ替えてしまう。

そして、ローは力づくでスモーカー率いる海軍を倒そうとする。

ローは必死に施設の事を海軍に知られないようにする。

だが、ローにとっては施設は必要なものではない。

ローのバックには知られたくない人物がいたからである。

ローはスモーカーと戦い、スモーカーの心臓をオペオペの能力で取ってしまう。

オペオペの能力は体を切り刻んでも生きているという能力である。

ローが作り出したROOMの中ではローの思いのままにすることができるのである。

ローの強さにスモーカーはやられてしまう。

そんな時に二人の前に現れたのがルフィ達であった。

ルフィはローに2年前のマリンフォード頂上戦争で命を救われている。

マリンフォード頂上戦争にてルフィの命を助けるトラファルガーロー

ルフィはローに出会えたことを嬉しく思い感謝を述べる。

その後、ルフィ達はサンジ達と合流した。

マッドサイエンティストのシーザー

スモーカーとたしぎはローの能力で体と意識を入れ替えられていた。

そして、スモーカーはある仮設を立てる。

パンクハザードはかつてDr.ペガパング率いる科学班が拠点としていた

だが、当時No2だったシーザークラウンが巨大なガス爆発によってパンクハザードを壊滅させてしまった。

シーザーは政府を追われた身になったが、行方は知られていない。

シーザーはパンクハザードで兵器の開発をしているとスモーカーは考えた。

そして、それは真実でありローのバックにいたのはシーザークラウンだった。

シーザーは部下を使って麦わらの一味と海軍を消す作戦を立てていた。

トラファルガーローとの海賊同盟

皆が合流したルフィ達。

ルフィが龍から取った人間の下半身はサンジが持っていたサムライの下半身だった。

サムライはローの能力でバラバラにされてしまっていたのである。

更にサムライは自分の胴を探すために一人で島を捜索に行ってしまう。

サムライを追いかけにサンジ(体はナミ)、ブルック、ゾロが行く。

3人がいなくなった後にルフィ達の元にはシーザーからの刺客が訪れる。

それは、イエティCOOL BROTHERSという雪男の兄弟である。

イエティCOOL BROTHERSはナミ(体はフランキー)を拘束する。

シーザーはフランキーの体にあるレーザーの技術を盗もうとしたのである。

それを追いかけるのがルフィとフランキー(チョッパー)である。

ルフィとフランキーでイエティCOOL BROTHERSを倒してナミを助けようとする。

兄弟の一人は倒したもののナミを持ったもう一人の兄弟を逃してしまう。

ルフィはそれを追う。

すると、そのもう一人のイエティCOOL BROTHERSの前に現れたのはローだった。

ローはイエティCOOL BROTHERSを倒してナミを助ける。

そして、ローはルフィにある話を持ちかけてくる。

それは、一緒に四皇を倒さないかという話であった。

パンクハザードには四皇を倒すための鍵が眠っているらしい。

ルフィは2年前に命を救われたことからローのことは信じていた。

そして、ルフィはこの話に乗ったのである。

麦わらの一味とローのハートの海賊団の間に海賊同盟が結ばれた。

この海賊同盟によって大きな世界の歯車が壊されていくのである。

次のあらすじはこちら パンクハザードのあらすじ2 裏で動くのは王下七武海ドンキホーテドフラミンゴ

本記事の内容は以下の巻に収録。

次のあらすじはこちら パンクハザードのあらすじ2 裏で動くのは王下七武海ドンキホーテドフラミンゴ

前のあらすじはこちら 魚人島のあらすじ3 魚人島を救う麦わらの一味と新たな敵四皇ビッグマム