ドレスローザ

ドレスローザのあらすじ3 ルフィの切り札ギア4炸裂、七武海ドフラミンゴを撃破

前回のあらすじ

ドレスローザに上陸したルフィ達だったが、ローがドフラミンゴに捕まってしまう。

更にドフラミンゴの部下であるシュガーのホビホビの能力によってドレスローザの人間はおもちゃに変えられていた。

その人々を助けるためにウソップが小人達と協力をしてシュガーの意識を失わせる。

おもちゃが人間に戻ったことでドレスローザが混乱の中に入る中、ルフィはローを助けることに成功するがドフラミンゴはルフィ達から逃げてしまう。

ルフィ達がドフラミンゴの元に再び向かう時にコロシアムで戦った戦士たちがルフィ達に協力をしてドフラミンゴの元まで援護してくれる。

そして、遂にルフィとローはドフラミンゴと幹部トレーボルの元へと辿り着いたのである。

前のあらすじはこちら ドレスローザのあらすじ2 ドフラミンゴへの反乱開始、ドフラミンゴを倒してドレスローザの人々を救え

ローとドフラミンゴの過去、ローの恩人コラソン

ローはドフラミンゴとの過去について思い出していた。

ローはかつて白い町と呼ばれたフレバンスという町の出身だった。

フレバンスでは珀鉛病という病気が蔓延しており、ローも珀鉛病にかかっていた。

そして、政府は珀鉛病が広がらないようにフレバンスの町そのものを破壊してしまった。

唯一生き残ったローは世の中に恨みを持っており、多くの人間を殺すためにドフラミンゴファミリーに入れてもらう。

そして、ローは当時ドフラミンゴの部下であり実の弟であるコラソンに目をかけられる。

なぜなら、ローの本名はトラファルガー・D・ワーテル・ローというだった。

世の中には名前にDが入っている人がいる。

それはモンキー・D・ルフィも同じである。

コラソンはDの名を持つローは元天竜人であるドフラミンゴの元へ居てはいけないという。

コラソンの本当の正体は海軍であり、ドフラミンゴファミリーに潜入しているスパイだった。

コラソンはローを助けるためにドフラミンゴの元を離れるように言ったのだった。

そして、コラソンはローを連れて二人で各地の病院へ行き珀鉛病を治そうとした。

そこへ、ある海賊と海軍の間でオペオペの実の取引があることを知る。

その情報はドフラミンゴも知っていた。

コラソンはそのオペオペの実を奪ってローを助けるつもりだった。

そして、コラソンは無事にオペオペの実を奪ってローにオペオペの実を食べさせる。

だが、コラソンの裏切りがドフラミンゴにバレてしまう。

コラソンはローだけでも逃がそうとしてドフラミンゴの囮になる。

そして、コラソンはローの命を救ったままドフラミンゴに殺されてしまった。

そんな因縁のあるローとドフラミンゴの戦いが今始まる。

ルフィ&ローVSドフラミンゴ&トレーボル

ローは右腕を切り落とされるもトレーボルを撃破

ルフィはドフラミンゴの部下であるベラミーと戦っていた。

ジャヤでのルフィとベラミーの戦い

ベラミーはドフラミンゴに疑問を持ちながらも、一度尊敬した男なのでドフラミンゴを信じることにしてルフィと戦う。

その間、ローはドフラミンゴとトレーボルの二人を相手にしていた。

だが、ローはドフラミンゴによって右腕を切り落とされてしまう。

それでも、ローはドフラミンゴとトレーボルの前に立ちはだかる。

そして、ルフィはベラミーを倒した後、ローと協力してドフラミンゴとトレーボルと戦う。

そして、ローは切り落とされた右腕でトレーボルに止めを刺す。

ルフィの最後の切り札ギア4炸裂、力を使い果たすも最後にドフラミンゴを撃破する

ローはドフラミンゴを追い詰めて、トレーボルも倒したところで戦闘を外れる。

ローは右腕の再生に時間をかけるためである。

そして、ルフィはドフラミンゴと一騎打ちをする。

だが、ドフラミンゴに苦戦を強いられるルフィ。

そこで、ルフィは最後の切り札であるギア4を発動する。

全身に覇気を纏いゴムの弾力を最大限までに引き上げた状態である。

ルフィはギア4の強さでドフラミンゴを圧倒する。

だが、ギア4はエネルギーの消費が激しくすぐに時間切れになってしまう。

更に、一度ギア4を使ってしまうと10分間は覇気を使えなくなってしまう。

そこに現れたのが黒ひげ海賊団のバージェスだった。

バージェスはルフィのゴムゴムの能力を奪おうとしていた。

能力者狩りをしている黒ひげ海賊団

そこに助けに入ったのがルフィの兄サボだった。

バージェスの相手はサボがする。

そして、覇気を取り戻したルフィは再びドフラミンゴの前に現れる。

そして、最後のギア4でドフラミンゴを見事撃破する。

これでドレスローザはドフラミンゴの支配から解放されたのである。

ドレスローザから逃げ出せ、立ちはだかるのは海軍大将藤虎

ドフラミンゴとの一件が終わったルフィ達は次なる島ゾウへと向かう予定だった。

ゾウへは先にサンジ、ナミ、チョッパー、ブルック、モモの助が向かっていた。

ルフィ達はゾウへと向かうためにドレスローザを出港しようとするが、ルフィ達の前に立ちはだかるのは海軍大将藤虎だった。

藤虎はドフラミンゴの討伐をしてくれたルフィの事を嫌いになれなかったが、海軍と海賊という立場上ルフィ達を捕まえなければならなかった。

だが、ルフィ達の事をサポートしてくれたのがコロシアムで一緒に戦った戦士たちだった。

皆シュガーにおもちゃにされたが、ウソップのおかげで救われた恩があるためルフィ達の出港をサポートする。

更に、ドレスローザの国民達さえも国の恩人であるルフィ達の出港の手助けをしてくれる。

そうして、ルフィ達は無事にドレスローザを出港することができた。

そこで、コロシアムで戦った戦士たちはルフィの事がすっかり気に入ってしまった。

なので、戦士たちは麦わら海賊団の傘下に入れて欲しいとお願いする。

ルフィは一度断るが戦士達が勝手にルフィの傘下に入ると言い張る。

そうして、ルフィは多くの仲間を得たのである。

そして、ルフィ達は次なる島ゾウへと船を走らせるのである。

次のあらすじはこちら ゾウのあらすじ 歴史の本文(ポーネグリフ)の秘密とサンジを追うルフィ達

前のあらすじはこちら ドレスローザのあらすじ2 ドフラミンゴへの反乱開始、ドフラミンゴを倒してドレスローザの人々を救え