豆知識

ゾロの持つ3本の刀

本記事ではゾロの持つ刀について説明する。

ゾロの刀は時に折れたりしたため入れ替わっている。

くいなの形見である大業物和道一文字

ゾロは最初自分の刀2本と親友のくいなの形見である大業物の和道一文字の3本を持っていた。

和道一文字をくいなの形見として受け取るゾロ

だが、バラティエでの鷹の目のミホークとの戦いによって自分の刀の2本は折れてしまう。

くいなの形見の刀が和道一文字だと分かったのはローグタウンで海軍のたしぎが教えてくれた。

和道一文字は白い刀である。

作ったのは霜月ケンジロウという男である。

50年以上前にワノ国を違法出国した男である。

イッポンマツから譲り受ける業物三代鬼徹と雪走

ミホークによって2本の刀を折られたゾロはローグタウンのイッポンマツの店で2本の刀を譲ってもらう。

その2本の刀が業物の三代鬼徹と雪走である。

三代鬼徹は妖刀の一つである。

三代鬼徹を作ったのはワノ国の刀鍛冶である天狗山飛徹である。

切れ味が鋭いのが特徴である。

雪走はイッポンマツが家宝としていた刀である。

剣豪としての魅力をゾロに見たイッポンマツは家宝の雪走をゾロに譲る。

ゾロに刀を譲るイッポンマツ

だが、この雪走はエニエスロビーでの海軍との戦いでサビサビの能力によって壊れてしまう。

雪走を折られてしまうゾロ

その後、雪走はスリラーバーグで死んだ刀として刺さっている。

剣豪リューマから奪った大業物秋水

エニエスロビーで雪走を失ったゾロはスリラーバーグでゲッコーモリアのゾンビである剣豪リューマと対戦する。

その剣豪リューマが持っていた刀が大業物の秋水である。

ゾロは剣豪リューマを倒して秋水をリューマから譲り受ける。

ゾロVS剣豪リューマ

秋水は黒刀であり、硬さが特徴である。

秋水はかつてワノ国の侍である剣豪リューマが使っていた刀であるが、過去にモリアが剣豪リューマの墓から持ち出したものであった。

秋水が黒刀であるのは剣豪リューマの武装色の覇気によって黒刀に成った刀である。

ワノ国に到着したゾロは秋水をワノ国に返すことになる。

秋水の代わりに日和から譲ってもらう閻魔

ワノ国で秋水を返したゾロは、その代わりとしておでんの娘である日和からかつておでんが使っていた大業物閻魔を譲ってもらう。

閻魔は使用者のエネルギーを必要以上に引き出して使用者を干からびさせてしまう。

その代わりに、強大な斬撃を生み出すことができる。

また、閻魔はまだ黒刀には成っていない。

ゾロによっては大業物である閻魔の位列を上げることもできる。