キャラクター紹介

四皇

エドワード・ニューゲート(白ひげ)

悪魔の実:グラグラの実
懸賞金額:50億4600万ベリー

エドワード・ニューゲート、通称白ひげは海賊王ゴールドロジャー亡き後、世界最強の男として君臨した。

海賊船の家族であるエースを海軍に捕らえられたため、海軍本部とマリンフォード頂上戦争を起こし戦死。

自ら白ひげ海賊団を立ち上げる前はロックス海賊団に所属していた。

マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)

悪魔の実:ヤミヤミの実、グラグラの実
懸賞金額:22億4760万ベリー

マーシャル・D・ティーチ、通称黒ひげは四皇の中で一番新しい海賊である。

マリンフォード頂上戦争にて白ひげを殺した後、徐々に黒ひげが四皇と呼ばれるようになった。

かつては白ひげ海賊団に所属していたが、同僚のサッチが黒ひげが求めていたヤミヤミの実を手に入れたことで、サッチを殺してヤミヤミの実を奪い白ひげ海賊団から抜ける。

更には、マリンフォード頂上戦争にて白ひげを殺した後、白ひげの能力であるグラグラの能力を奪ってしまう。

黒ひげ海賊団は悪魔の能力を奪う方法を知っていて能力者狩りをしている。

黒ひげはかつて一度も寝たことが無く、戦争中でも不眠不休で動くことができる。

赤髪のシャンクス

悪魔の実:なし
懸賞金額:40億4890万ベリー

四皇の中で一番若い海賊である。

シャンクスはルフィの命を救ったこともある。

かつては鷹の目のミホークと決闘をしたこともある。

シャンクスはかつて海賊王ゴールド・ロジャーの船に見習いとして乗っており、道化のバギーと同僚でもあった。

だが、シャンクスは偉大なる航路(グランドライン)の最終地点であるラフテルへは同行しなかった。

シャーロット・リンリン(ビッグマム)

悪魔の実:ソルソルの実
懸賞金額:43億8800万ベリー

万国(トットランド)の女王である海賊。

幼少の頃から危険であったため親から見放され巨人の国エルバフで育った。

だが、その凶暴性はエルバフでも発揮してしまいエルバフの村を半壊させた。

ビッグマムはエルバフのマザー・カルメルに育てられるもビッグマム自らがその大きな食欲によってマザー・カルメルを食べてしまう。

更にマザー・カルメルの能力であったソルソルの能力も引き継いてしまう。

ビッグマムはかつてロックス海賊団に所属していた。

百獣のカイドウ

悪魔の実:龍への変身する能力
懸賞金額;46億1110万ベリー

百獣海賊団の総督。

ワノ国を拠点としている。

かつてカイドウはワノ国のオロチと結託をして次期将軍だったおでんを殺してワノ国を支配する。

カイドウは人造悪魔の実スマイルをドフラミンゴから買い取り能力者を増やしていたが、ルフィとローの海賊同盟によってドフラミンゴが敗れたためスマイルの製造が止まる。

カイドウは常に強い海賊団を目指しているので、骨のある海賊を見つけると心を折って自分の部下にしてしまう。

かつてはゲッコーモリアと対峙したこともある。