豆知識

賞金稼ぎ時代のロロノア・ゾロ

鷹の目のミホークを探しに海へ出るも故郷シモツキ村に帰れず賞金稼ぎをする

ゾロがルフィと出会う前は賞金稼ぎをしていた。

ゾロは世界一の大剣豪になるために世界最強の剣豪である鷹の目のミホークを探しに故郷のシモツキ村を出た。

だが、ゾロは方向音痴の為にシモツキ村に帰れなくなり、仕方なくその日のお金を稼ぐために賞金首を倒してお金を稼いでいた。

この時に、海賊を狙った賞金稼ぎと話題になったためゾロに”海賊狩り”の異名が付く。

賞金稼ぎ時代にゾロは王下七武海のクロコダイルが秘密裏に作っていた会社であるバロック・ワークスから勧誘を受ける。

だが、ゾロはバロック・ワークスからの勧誘を断り、勧誘に来たバロック・ワークスの社員を斬った事がある。

賞金稼ぎ時代に出会うジョニーとヨサク

賞金稼ぎ時代の弟分であるジョニーとヨサクとの出会いはある村であった。

当時、村を襲っていた山賊のディックが現れる。

村を助けるためにジョニーとヨサクがディックと戦うも、ジョニーとヨサクはディックに敵わない。

そこへ現れたのがゾロ。

ゾロはディックを倒して村を救う。

その姿に感動したジョニーとヨサクはゾロの弟分となったのである。