ジャンプ最新話

1002話 四皇VS新世代

あらすじ

カイドウへの攻勢

カイドウは菊之丞の腕を切り落とした技である壊風波(かいふうは)を放つ。
だが、その攻撃をゾロやキッドはいとも簡単にいなす。

カイドウの攻撃を弾くゾロジャンプ2021年2月15日号ONE PIECE 1002話 四皇VS新世代

そして、ルフィ達はカイドウへ攻撃を集中させる。
ルフィ、キッド、ロー、キラーの攻撃がカイドウへ炸裂する。

ゾロの閻魔

ゾロはカイドウの炎を焔焼きで焼き切ると、閻魔(えんま)で自分の覇気を放出させてカイドウへ飛竜火焔を放つ。
だが、このゾロの斬撃は惜しくもカイドウに外れてしまう。

ビッグマムの雷

ビッグマムは雷である威鼓(インドラ)がゾロやキラーを襲う。

ビッグマムの威鼓(インドラ)ジャンプ2021年2月15日号ONE PIECE 1002話 四皇VS新世代

そして、広い範囲に雷を落とす天満大自在天神でルフィ達を攻撃する。
だが、ルフィはゴム人間なので雷は効かない。
カイドウの炎を喰らうも、根性で耐えてゴムゴムの猿王銃乱打(コングガトリング)をカイドウに放つ。

考察

ビッグマムの雷である威鼓(インドラ)

ビッグマムの威鼓(インドラ)を見て思い出したのはエネルの万雷(ママラガン)である。
威力としては雷の太さから万雷(ママラガン)よりも威鼓(インドラ)の方が高いと思われる。

更にビッグマムは雷の他に炎や剣術も使えるので、エネルよりは強いと思われる。

エネルの万雷(ママラガン)

ゾロの閻魔に気づくカイドウ

ゾロが閻魔でカイドウに攻撃をした時、おでんの気配を感じている。

ゾロの刀がおでんが使っていた閻魔であることに気づくカイドウジャンプ2021年2月15日号ONE PIECE 1002話 四皇VS新世代

また、ビッグマムもおでんの気配を感じていなくとも、只の刀ではないことも気づいている。
閻魔は二人の四皇が恐れるほどの刀であることが分かる。

閻魔についてはこちら

ワンピース最新話1002話”四皇VS新世代”はこちら↓

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック