伏線

エースのワノ国上陸

お玉との絆

4年前、スペード海賊団はワノ国に遭難して上陸した。

エース達が辿り着いたのはワノ国の編笠村だった。
編笠村は食糧難で苦しんでおり、遭難したスペード海賊団から食料を奪った。
だが、エース達はその様子を黙ってみており、デザートも探してくれた。

編笠村の少女であるお玉は特にエースに懐いており、海賊の乗船も頼んでいたほどだった。
エースは再びワノ国に来た時に妖艶なくノ一になっていればお玉を船に乗せてあげると約束した。

エースはこの時に笠の編み方を教えてもらっており、それを白ひげ海賊団の傘下であるオーズにも教えていた。

ヤマトとの戦いから仲直り

エースは百獣海賊団を倒すために鬼ヶ島に乗り込んだ。
だが、そこにはカイドウを含め幹部もおらず、カイドウの一人息子のヤマトしかいなかった。
エースとヤマトは戦いを繰り広げるも、後に仲直りして共に酒を飲み交わす仲となった。

ヤマトはエースの船に乗りたかったが、カイドウに爆発する手錠をかけられていて、ワノ国から出ることができなかった。

その時に、ヤマトはルフィの話を聞いておりワノ国でずっとルフィを待っていた。

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック