東の海(イーストブルー)編

シェルズタウンのあらすじ 初めての仲間、海賊狩りのゾロ

前回までのあらすじ

航海を始めてすぐに渦巻に巻き込まれたルフィは

アルビダ海賊団と遭遇する。

そこで、ルフィは海軍を目指すコビーという少年と出会う。

コビーはルフィの海賊王になるという夢に対する覚悟を聞いて

アルビダに立ち向かうことを決意する。

アルビダに命を狙われたルフィとコビーは

ルフィがアルビダを倒したことで救われた。

ルフィとコビーはゾロという男が海軍に捕まっているシェルズタウンへ向かう。

ルフィはゾロという男を仲間にしようと考えていたのである。

前の話はこちら ゴース島のあらすじ ルフィの覚悟と小さな海軍

磔にされている海賊団狩りのゾロ

無事、シェルズタウンに着いたルフィとコビー。

コビーは海軍に入隊するために、

ルフィは海軍に捕まっているゾロを仲間にすべく

このシェルズタウンを目指していた。

町の海軍基地まで辿り着くと、そこには縄で縛られている魔獣のようなゾロがいた。

ゾロは賞金のかかった海賊を狩ることから”海賊狩り”と呼ばれていた。

ゾロはルフィ達に縄を解いてくれとお願いする。

そこへ現れたのは、おにぎりを持った少女。

何日も磔にされていて何も食べていなかったゾロの為におにぎりを作ってきたのである。

しかし、このことが海軍に見つかってしまう。

海軍の名前はヘルメッポ。

父である海軍大佐モーガンの息子である。

ヘルメッポは少女が作ったおにぎりを踏みつけてしまい、

少女は塀の外へ投げ出されてしまう。

海軍が去った後、再びルフィはゾロと話す。

ルフィは海賊の仲間を集めていること、

ゾロは野望があって海へ出た事をお互いに知る。

ルフィの去り際、踏みつぶされたおにぎりを全て食わせろとルフィに言う。

踏みつぶされたおにぎりを残らず食べたゾロは少女への感謝を口にする。

怒ったルフィはゾロを仲間にすることを決める

少女にゾロの事について話を聞くと、

ゾロが捕まっている理由は、

町の皆が迷惑していた海軍のヘルメッポが町に放し飼いにしていた狼を斬ったということである。

悪いのはゾロではなく海軍のモーガン大佐とその息子であるヘルメッポであるようだ。

そこへヘルメッポが町に現れる。

ヘルメッポはゾロを3日後に処刑をすると言う。

ゾロとの約束では1ヶ月間、磔の状態で生き延びたら解放するということであった。

その約束を裏切ろうとするヘルメッポが許せず、ルフィはヘルメッポを殴ってしまい、

海軍を怒らせてしまう。

この時、ルフィはゾロを海賊の仲間に引き入れることを決意する。

ルフィ、海軍基地に潜入

ルフィは再びゾロの元へ。

今度は海賊の仲間になるようにルフィが勧誘する。

ゾロは元々剣豪であり刀を持っているのだが、海軍に取り上げられてしまっている。

ルフィはその刀を自分が取戻し、ゾロに返す代わりに海賊の仲間になるように踊す。

そのままルフィは海軍基地へ入っていく。

海軍基地の屋上ではモーガンが自分の権力を象徴するために

自分の像を作り立ち上げている所であった。

ルフィは基地の屋上に行くために腕を伸ばし、その勢いで屋上に飛んでいく。

しかし、勢いづいたルフィは止まるためにモーガンの像をを掴んでしまい、像を壊してしまう。

モーガンはルフィにブチ切れるが、ヘルメッポを見つけたルフィはヘルメッポを人質に取り、

ゾロの刀のありかを聞き、ゾロの刀を見つける。

一方でコビーもゾロの処刑には納得がいかず、ゾロを逃がそうと縄を解こうとする。

だが、それに気づいた海軍とモーガンはコビーとゾロを銃を持って囲んでしまう。

世界一の剣豪になると決意したゾロの過去

ゾロは絶対に死ぬわけにはいかなかった。

なぜならゾロには”世界一の剣豪”になるという野望を持っていいたからである。

ゾロの幼少期にはくいなという女剣士がいた。

ゾロは強かったが、くいなはそれ以上に強くゾロは一回もくいなに勝ったことがなかった。

だが、くいなはある時自分は女であることへの不安をゾロに口にする。

女は強くはなれず、

いずれゾロにも追い抜かれてしまうという女に生まれてきた自分を悔いていた。

それを聞いて怒ったゾロ。

ゾロにとってくいなは目標であった。

今は自分よりも強いのにいつかゾロがくいなに勝った時

女であることを言い訳にされる事は許せなかった。

2人は約束した。

いずれ必ずゾロとくいなのどちらかが世界一の剣豪になることを。

だが、翌日くいなは階段で転んで死んでしまった。

ゾロはくいなが持っていた剣を譲ってもらい、

天国まで名前が届くような剣豪になることを心に決める。

ゾロが譲って貰った刀は大業物和道一文字

未来の海賊王と世界一の大剣豪

ゾロとコビーは海軍に囲まれている。

海軍はゾロとコビーに銃を発射した時に身代わりになったのが、

ゴムゴムの能力で飛んできたルフィ。

だが、そのゴムの体には銃弾は効かなかった。

銃が効かないと分かると海軍は剣で斬ろうとする。

ルフィはゾロを縛っている縄を必死で解こうとするが、片方しか解けない。

海軍が2人を斬りつける瞬間にゾロにルフィが持っていた剣をゾロに渡すと、

もう片方の縄を斬り海軍の全ての剣を受け止める。

ルフィに助けてもらった恩を返すために、海賊の仲間になることに決める。

ルフィは海賊王、ゾロは世界一の大剣豪になるという大きな野望を持つ二人は

互いが野望を捨てることは認めない。

将来の海賊王と世界一の大剣豪が仲間になった瞬間である。

ルフィ&ゾロVSモーガン

ついに、海軍大佐であるモーガンがルフィ達に立ちふさがる。

だが、ルフィの強さは圧倒的でモーガンはルフィに押されてしまう。

そこでヘルメッポがコビーに銃口を向け、人質に取る。

ルフィはコビーを助け、その隙を狙ったモーガンをゾロが斬る。

モーガンの部下たちはモーガンの支配に怯えていただけであり、

海軍もモーガンからの解放を喜んだ。

ルフィとゾロは海軍から解放されたのである。

ルフィの優しさとコビーの覚悟

海軍は支配力の強かったモーガンを倒してくれたとはいえ、

海賊であるルフィ達を見逃すわけにはいかない。

ルフィとゾロは海賊であるが、コビーは海賊ではない。

寧ろ海軍への入隊を希望していた。

だが、海軍はコビーがルフィ達の海賊の仲間であるという疑いを捨てきれない。

ましてや、コビーがアルビダの元で雑用をしていたとなると海軍の入隊は水の泡である。

そこでルフィは海軍の前でコビーの過去をばらそうとする。

それを止めに入る為にコビーはルフィを殴る。

ルフィはコビーに反撃してボコボコに殴る。

だが、これはルフィの作戦だった。

海軍にルフィとコビー海賊の仲間ではないということを知らしめるためであった。

そのためにコビーがルフィを殴るようにけしかけたのだった。

全てを手を理解したコビーは最後までルフィに頼ってはいけないと想い、

海軍将校になると宣言して海軍へ入隊をする。

ルフィとゾロの出航の時、コビーはルフィとゾロへの感謝を述べた。

成長したコビーとヘルメッポ

小さな新米海軍を後にしてルフィ達は偉大なる航路(グランドライン)を目指して海を進む。

本記事は以下に収録。

次の話はこちら オレンジの町のあらすじ1 海賊専門の泥棒ナミと道化のバギー

前の話はこちら ゴース島のあらすじ ルフィの覚悟と小さな海軍