東の海(イーストブルー)編

ココヤシ村のあらすじ1 ルフィに助けを求めるナミ

ルフィはクリークを倒した。
さらに、コックのサンジが仲間になる。

一方で、ナミの後を追いかけていたゾロたち。
ヨサクが1人でルフィのもとへ戻ってくる。
そして、ルフィとサンジはナミのいるココヤシ村へと向かう。

海上レストランバラティエのあらすじ2 新しい仲間 コックのサンジルフィは海上レストランバラティエを守るためにクリークと戦う。 そして、バラティエのコックサンジと料理長ゼフとの過去も明らかになる。 無事、クリークを退けたルフィはナミを追うために新しい仲間であるサンジと共に次なる島へ向かう。...

ナミの正体は魚人海賊団の幹部

ルフィとサンジとヨサクはナミの元へと向かっていた。

ナミが向かった場所はココヤシ村。
ココヤシ村は魚人海賊団のアーロン一味が支配する島だった。
ナミの正体は、アーロン一味の幹部だった。

魚人という種族とは魚人の特徴 魚人とは魚の特徴であるエラ呼吸をすることができる人間のことである。 魚人は人間の腕力の10倍ある。 また、魚人というよう...

一足先にココヤシ村に到着していたゾロとウソップとジョニー。

しかし、ゾロたちは魚人に見つかってしまう。
そして、ゾロは1人魚人に捕まってしまう。

アーロンパークに連行されたゾロ。
そこで、ゾロはナミと再開する。

だが、ナミの正体はアーロン一味。
ゾロの味方は誰もいないように思えた。

ここで、アーロン一味はウソップの行方を探すために、アーロンパークを離れる。
その隙きを見て、ナミはゾロを逃がした。

その頃、ウソップはノジコという女性と会っていた。
ノジコの正体は、ナミの義兄弟であることがわかる。

そのとき、アーロンがココヤシ村にやってくる。
アーロンは、村の駐在であるゲンゾウに会いに来た。
アーロンは、村民の武器の所持を禁止している。
だが、ゲンゾウは武器を所持していたことを、アーロン一味に見つかってしまったのである。
ゲンゾウはアーロンに殺されそうになる。

そのときに助けに入ったのがウソップ。
ウソップの狙撃がアーロンに命中する。
だが、アーロンにウソップの狙撃は全く効いていない。
怒りの矛先がウソップに向いたアーロン。
ウソップのおかげでゲンゾウは助かったが、ウソップは魚人海賊団に捕まってしまう。

アーロンパークに連行されたウソップ。
そこで、ウソップはナミと出会う。

ナミはウソップにナイフを突き立てる。
そして、血まみれになったウソップを海へと放り投げた。

だが、本当はウソップはナミに助けられていた。
ナミがウソップにナイフを刺しに行くとき、ナミは自分の手をナイフで刺していた。
アーロンたちには、ナミがウソップをナイフで刺したように見えた。
そして、無傷のままウソップは海へと放り投げられ、アーロンパークから逃げ出すことができた。

ウソップが感じるナミへの違和感

ナミがウソップを殺したところを陰から見ていたジョニーは、そのことを再開していたルフィ、ゾロ、サンジ、ヨサクに伝えに行く。
ルフィはそんなことは信じないと怒る。

そこへルフィ達の元へ現れたのがナミ。
ルフィはナミを迎えに来たと言うが、ナミはルフィ達に目障りだから村から出ていくように言う。
だが、ルフィは聞く耳を持たず道端で寝てしまう。
ナミは怒って消えてしまった。

だが、実はウソップはナミに殺されてはいなかった。
ナミはアーロンたちにウソップを殺したように見せかけて、ウソップをアーロンパークから逃がそうとしてたのだった。
ウソップはナミとアーロン達の間に何か深い関係があると思い始める。
ウソップはそのことをルフィ達に伝えに行く。

ウソップが生きていた事に驚いていたルフィ達の前に現れたのはナミの義姉妹のノジコ。
ノジコはナミの過去について話し始める。

ナミの過去

ナミ、ノジコ、ベルメールの血を超えた絆

ナミとノジコが幼少期の頃、ベルメールという養母に育てられていた。
家族3人とも血は繋がっていなかった。
ベルメールはミカンを育てていたが、お金が少なく貧乏な生活をしていた。
ある時、ナミは血が繋がっていない事に不満を漏らした。
それに怒ったベルメールはナミを叩き、ナミは家を出て行ってしまう。

ナミは村の駐在であるゲンゾウの元へいた。
ゲンゾウの話によると、まだ赤ちゃんであったナミと幼かったノジコを、当時海軍であったベルメールが救ったという。
ナミ、ノジコ、そしてベルメールの間には血を超えた絆があった。

アーロン一味が襲来

そんな時、事件は起きる。
ココヤシ村にアーロン一味がやってくる。
アーロン一味は当時七武海の称号を手に入れたジンベイが東の海(イーストブルー)に解き放った海賊だった。

魚人島のあらすじ2 魚人島の過去と麦わらの一味VS新魚人海賊団新魚人海賊団前回のあらすじ 魚人島へ到着した麦わらの一味。 ルフィ達は魚人島のリュウグウ王国に歓迎されるが、ルフィが魚人島を滅ぼすという未来を見た...

アーロンはそれぞれの家からお金を巻き上げて、払えない者は殺していった。
ベルメールの元へアーロンがやってきたが、ナミとノジコの分のお金しか払えなかった。

ナミとノジコに再開したベルメールは2人を力一杯に抱きしめた。
そんな時間も束の間、ベルメールはアーロンに打ち殺されてしまう。
更にアーロンはナミの測量術を見込み、アーロン一味へと引き入れる。
この時、ナミとアーロンはある契約をした。
それはココヤシ村を1億ベリーで買うこと。
ナミは親を殺した奴らと一緒にいながら1億ベリーを海賊達から盗み、村の解放を夢見てきたのである。

ナミの助けに応える仲間

ナミの過去を話したノジコはルフィ達にもうこれ以上ナミに関わらないようにすることをお願いする。
ルフィ達とナミの関係で疑いをかけられたら、これまでのナミの努力を無駄にしてしまうからである。

場所は変わり、ノジコの家でナミは休んでいた。
そこに現れたのは海軍であった。
海軍はナミを海賊としてではなく、海賊専門の泥棒として盗んだお金を回収しようとする。
ココヤシ村がアーロンに支配されている現状を前に泥棒一人を裁く事に我慢ならなかった。
だが、これは海軍とアーロンの計画であった。
海軍がナミのお金を回収して、1億ベリーでココヤシ村を買わせない為の一計であった。
海軍はアーロンの言いなりになったのである。
このことに悔しさを覚えたナミは自分の肩にあるアーロンの入れ墨をナイフで何度も突き刺す。
それを止めたのがルフィ。
ナミは泣きながらルフィに助けを求める。

だが、ルフィにとってナミを助けることは当たり前であった。

ルフィ達とナミはすでに仲間であるから。
ゾロ、サンジ、ウソップもすでに戦闘態勢。いざアーロンパークへ殴りこみに行く。

アーロンパークに乗り込むルフィ達

アーロンパークの前ではヨサクとジョニーが血まみれで倒れていた。
ヨサクとジョニーはナミの過去の話を聞いて、一度はナミを裏切りの女とみてしまった2人が詫びのつもりでアーロンに立ち向かっていったのだった。

そこへ現れたのがルフィ達。
ルフィはアーロンを殴り飛ばし、怒りを露わにする。
魚人達は海賊団のペットである海の怪物モームを呼ぶがルフィは、”ゴムゴムの風車”で魚人の手下もろともモームを一網打尽にしてしまう。
前まではアーロンがルフィ達を潰したいと思っていた。
だが、今は違う。
ルフィ達はナミの涙を見て、助けを求められてアーロン達を潰したいのはすでにルフィ達の方であった。
アーロン達はいよいよ主力登場で戦いは勢いを増していく。

ココヤシ村のあらすじ2 ナミを救うルフィたちの戦い 前回のあらすじ ナミの行方を追っていたゾロ達は魚人海賊団が支配するココヤシ村にいた。 ナミの本当の正体は...

本記事の内容はこちら↓

最新刊はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。