東の海(イーストブルー)編

ココヤシ村のあらすじ1 ナミの過去と助ける仲間

前回までのあらすじ

ウソップとゾロ達はナミを探しに行き、ルフィはバラティエに残りクリーク海賊団と戦う。

ルフィはクリークを倒して、バラティエの雑用をやめることができた。

その時、バラティエにヨサクが現れてルフィの力が必要だと言う。

ルフィはサンジをコックとして海賊団の仲間に引き入れる。

ルフィ達は新たな仲間サンジとともにナミの元へ向かうのであった。

前のあらすじはこちら 海上レストランバラティエのあらすじ2 生きるための信念と男の別れ

魚人海賊団アーロンの幹部ナミ

バラティエを出たルフィ、サンジ、ヨサクはナミがいる元へ向かっていた。

ナミがいる場所は魚人海賊団のアーロン一味が支配するココヤシ村であった。

魚人とはどんな種族?

ナミの本当の正体はそのアーロン一味の幹部であった。

先にココヤシ村に着いていたゾロ、ウソップ、ジョニーは村で情報を集めていた。

だが、ゾロは魚人達に捕まってしまい、ゾロ、ウソップ、ジョニーはそれぞれ別れてしまう。

それを見たナミはアーロンがアーロンパークを離れている内にゾロを逃がす手伝いをする。

ウソップは村の女のノジコと出会う。

ウソップがナミを探していることを伝えると、

なんとノジコはナミの義兄弟であることが分かる。

ウソップとノジコが村で過ごしているとアーロンが村にやってくる。

村の駐在であるゲンゾウが武器を持っていた事で、アーロンが始末しにやってきた。

アーロンがゲンゾウを殺そうとした時に、アーロンに狙撃をしたのがウソップ。

ゲンゾウを助けようとしてウソップは動いた。

だが、今度はウソップが魚人達に捕まってしまう。

アーロンパークに連行されたウソップはそこにいたナミと遭遇する。

ナミはウソップをナイフで突き刺し、海へ放り投げる。

ナミがアーロンへの忠誠心を誓った瞬間であった。

ナミの迷いと過去

ナミがウソップを殺したところを陰から見ていたジョニーは

そのことを再開していたルフィ、ゾロ、サンジ、ヨサクに伝えに行く。

ルフィはそんなことは信じないと怒る。

そこへルフィ達の元へ現れたのがナミ。

ルフィはナミを迎えに来たと言うが、

ナミはルフィ達に目障りだから村から出ていくように言う。

だが、ルフィは聞く耳を持たず道端で寝てしまう。

ナミは怒って消えてしまった。

村の真ん中を歩いていたのは鼻の長い男、ウソップであった。

実はウソップはナミに殺されてはいなかった。

ナミはアーロンたちにウソップを殺したように見せかけて、ウソップを逆に助けていたのだった。

ウソップはナミとアーロン達の間に何か深い関係があると思い始める。

ウソップはそのことをルフィ達に伝えに行く。

ウソップが生きていた事に驚いていたルフィ達の前に現れたのはナミの義兄弟ノジコ。

ノジコはナミの過去について話し始める。

ナミとノジコが幼少期の頃、ベルメールという養母に育てられていた。

家族3人とも血は繋がっていなかった。

ベルメールはミカンを育てていたが、お金が少なく貧乏な生活をしていた。

ある時、ナミは血が繋がっていない事に不満を漏らした。

それに怒ったベルメールはナミを叩き、ナミは家を出て行ってしまう。

ナミは村の駐在であるゲンゾウの元へいた。

ゲンゾウの話によると、

まだ赤ちゃんであったナミと幼かったノジコを、

当時海軍であったベルメールが救ったという。

ナミ、ノジコ、そしてベルメールの間には血を超えた絆があった。

そんな時、事件は起きる。

ココヤシ村にアーロン一味がやってくる。

アーロン一味は当時七武海の称号を手に入れたジンベイが東の海(イーストブルー)に解き放った海賊だった。

ジンベイの七武海加入によって解き放たれたアーロン

アーロンはそれぞれの家からお金を巻き上げて、払えない者は殺していった。

ベルメールの元へアーロンがやってきたが、ナミとノジコの分のお金しか払えなかった。

ナミとノジコに再開したベルメールは2人を力一杯に抱きしめた。

そんな人問いも束の間、アーロンに打ち殺されてしまう。

更にアーロンはナミの測量術を見込み、アーロン一味へと引き入れる。

この時、ナミとアーロンはある契約をした。

それはココヤシ村を1億ベリーで買うこと。

ナミは親を殺した奴らと一緒にいながら1億ベリーを海賊達から盗み、村の解放を夢見てきたのである。

助けを求めるナミとそれに応える仲間

ナミの過去を話したノジコはルフィ達に

もうこれ以上ナミに関わらないようにすることをお願いする。

ルフィ達とナミの関係で疑いをかけられたら、

これまでのナミの頑張りを無駄にしてしまうからである。

場所は変わり、ノジコの家でナミは休んでいた。

そこに現れたのは海軍であった。

海軍はナミを海賊としてではなく、

海賊専門の泥棒として盗んだお金を回収しようとする。

ココヤシ村がアーロンに支配されている現状を前に泥棒一人を裁く事に我慢ならなかった。

だが、これは海軍とアーロンの計画であった。

海軍がナミのお金を回収して、1億ベリーでココヤシ村を買わせない為の一計であった。

海軍はアーロンの言いなりになったのである。

このことに悔しさを覚えたナミは自分の肩にあるアーロンの入れ墨をナイフで何度も突き刺す。

それを止めたのがルフィ。

ナミは泣きながらルフィに助けを求める。

だが、ルフィにとってナミを助けることは当たり前であった。

ルフィ達とナミはすでに仲間であるから。

ゾロ、サンジ、ウソップもすでに戦闘態勢。

いざアーロンパークへ殴りこみに行く。

怒りの風車、潰したいのは俺たち

アーロンパークの前ではヨサクとジョニーが血まみれで倒れていた。

ヨサクとジョニーはナミの過去の話を聞いて、

一度はナミを裏切りの女とみてしまった2人が

詫びのつもりでアーロンに立ち向かっていったのだった。

そこへ現れたのがルフィ達。

ルフィはアーロンを殴り飛ばし、怒りを露わにする。

魚人達は海賊団のペットである海の怪物モームを呼ぶがルフィは

“ゴムゴムの風車”で魚人の手下もろともモームを一網打尽にしてしまう。

前まではアーロンがルフィ達を潰したいと思っていた。

だが、今は違う。

ルフィ達はナミの涙を見て、

助けを求められてアーロン達を潰したいのはすでにルフィ達の方であった。

アーロン達はいよいよ主力登場で戦いは勢いを増していく。

次のあらすじはこちら ココヤシ村のあらすじ2 ナミを救うルフィ達の戦い

本記事は以下の巻に収録。

前のあらすじはこちら 海上レストランバラティエのあらすじ2 生きるための信念と男の別れ