東の海(イーストブルー)編

ローグタウンのあらすじ ルフィを助ける謎の男ドラゴン

ナミの為に魚人海賊団と戦うルフィ達。
ルフィ達は魚人海賊団を倒して、アーロンパークを落とすことに成功する。
そして、麦わらの一味はナミを改めて仲間にして偉大なる航路(グランドライン)へ向けて船を走らせる。

前の話はこちら ココヤシ村のあらすじ2 ナミを救うルフィ達の戦い

ルフィが3000万ベリーの賞金首になる

ルフィは今までバギー、クリーク、アーロンを倒したことでルフィの名前が知れ渡るようになった。
なんとルフィは東の海(イーストブルー)で最高額の懸賞金3000万ベリーの賞金首になり、手配されたのである。
海軍はそれだけルフィを危険人物として恐れていた。
だが、賞金首になった事に当のルフィは喜んでいた。
これからどんどん名前が知れ渡り、ルフィを含めて仲間たちは麦わらの一味が有名になっていくのを夢見るのである。

そんな中、船はローグタウンに寄る。
ローグタウンは海賊王ゴールド・ロジャーが処刑された場所である。

ローグタウン

ゾロの新しい刀 三代鬼徹と雪走(ゆばしり)

ゾロはミホークに刀を折られた為、新しく二本の刀が必要だった。
ゾロは武器屋で店主のイッポンマツと出会う。
だが、イッポンマツは金をあまり持っていないゾロに対してムスッとした態度を取る。

しかし、イッポンマツはゾロが唯一持っていた刀を見て目の色を変えた。
この刀の名前は和道一文字。
大業物の21工の名刀の一本であった。
ゾロがかつて親友のくいなが死んだときに譲り受けた大切な刀であった。

ゾロの親友くいな

イッポンマツはこの刀を買い取ろうとするが、ゾロは頑なに断る。
そこへ現れたのは、ゾロの親友くいなとそっくりの女剣士、たしぎであった。
たしぎが和道一文字について話すことで、ゾロはくいなから譲り受けた刀が名刀だったと初めて知る。

和道一文字を諦めたイッポンマツを横目にゾロは沢山ある刀の中から何を買うか選んでいた。
それらの刀の中に禍々しいオーラを放つ刀があった。
刀の名前は三代鬼徹。
三代鬼徹は使用者が次々と死んでしまう呪われた妖刀だった。
ゾロは三代鬼徹の呪いと自らの強さを比べるために刀を上に放り投げて、自分の腕を差し出す。
刀はゾロの腕をするりとすり抜けて地面に落ちる。

腰を抜かしたイッポンマツは自分の家宝である雪走(ゆばしり)を持ってくる。
イッポンマツは目の前で三代鬼徹の呪いに打ち勝ったゾロに剣士としての強さを垣間見たのである。
イッポンマツはゾロに三代鬼徹と雪走(ゆばしり)を譲り、ゾロの幸運を願った。

ゾロの歴代の3本の刀

海賊王の処刑台でバギーに捕まるルフィ

ルフィは海賊王ゴールド・ロジャーの処刑台の上に登り、かつて海賊王が見た景色を楽しんでいた。

そこへ現れたのはかつてルフィの敵として現れた海賊バギーと新しくスベスベの能力を手に入れたアルビダだった。
二人共ルフィに殴られた経験があり、ルフィに対しての復讐心から手を組んでいた。

バギーとの戦い
アルビダとの戦い

バギーは処刑台の上でルフィを拘束して処刑を始める。
ルフィが処刑されることを知ったゾロとサンジはルフィを助けに行く。
だが、バギー一味とアルビダ一味がゾロとサンジの行方を阻む。
そして、ゾロとサンジはルフィの元へと間に合わず、ルフィは自らの死を悟る。

その時、ルフィは笑ったのである。
かつて同じ処刑台で笑った海賊王ゴールド・ロジャーのように。

だが、その瞬間処刑台にゴロゴロと雷が落ちる。
残ったのは焼け落ちた処刑台とボロボロのバギーとピンピンしているルフィだった。
ルフィはゾロとサンジと共にその場から離れてローグタウンを出ようとした。

海軍に追われるルフィを助ける謎の男ドラゴン

この一部始終を海軍のスモーカーは見ていた。
スモーカーは死の直前に笑ったルフィをかつての海賊王ゴールド・ロジャーと姿を重ね合わせており、ルフィを逃してはいけないと直感する。

逃げようとするルフィ達の前にスモーカーは立ちはだかる。
ルフィはスモーカーのモクモクの能力に歯が立たず、一瞬で捕まってしまう。

そんな時、黒いマントを着た男がスモーカーの手を止める。
男の名前はドラゴン。
ドラゴンはルフィの出港の手助けをしようとしていた。

ドラゴンの正体はルフィの父親

その瞬間、突風が吹いた。
隙ができたスモーカーはルフィを逃してしまう。
ルフィ達は無事ゴーイングメリー号に乗ることができて、ローグタウンを後にする。

いざ偉大なる航路(グランドライン)へ

嵐の中、出航したルフィ達は偉大なる航路(グランドライン)への進水式をしていた。

ルフィは海賊王になるために。
ゾロは世界一の大剣豪を目指して。
サンジはオールブルーを見つけるために。
ナミは世界地図を描くために。
ウソップは勇敢なる海の戦士になるために。

それぞれの夢を胸に、ゴーイングメリー号は偉大なる航路(グランドライン)へと進んでいく。

偉大なる航路(グランドライン)の入り口はリヴァースマウンテンという山だった。
ゴーイングメリー号はリヴァースマウンテンを登っていく海流にのって山を登っていく。
ゴーイングメリー号は無事にリヴァースマウンテンを登りきり、頂上へたどり着いた後、偉大なる航路(グランドライン)へ今度は下っていく。
ルフィ達は遂に偉大なる航路(グランドライン)へ足を踏み入れたのである。

偉大なる航路(グランドライン)では、まだ見ぬ島々がルフィ達を待ち構えている。最高の冒険が今始まる。

次のあらすじ 双子岬のあらすじ ラブーンとの誓い

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック