ウイスキーピーク

ウイスキーピークのあらすじ 賞金稼ぎの巣

前回のあらすじ

偉大なる航路(グランドライン)に入ったルフィ達。

入ってすぐの双子岬には巨大なクジラであるラブーンとクロッカスという男がいた。

ラブーンは赤い土の大陸(レッドライン)に頭をぶつけていたがルフィがその行為をやめさせた。

ルフィはラブーンを捕鯨しようとしていた怪しい二人組を家まで送り届けるためにウイスキーピークへと船を走らせるのだった。

前回のあらすじはこちら 双子岬のあらすじ ラブーンとの誓い

常識が通じない偉大なる航路(グランドライン)の航海

双子岬を後にしたルフィ達は偉大なる航路(グランドライン)の航海をしていた。

だが、偉大なる航路(グランドライン)の海は常識では計れないほど荒れていた。

暖かくなったり、雪が降ったり、風が強くなったりした。

何より航海士であるナミの常識が通用しなかったのだ。

偉大なる航路(グランドライン)の航海ではナミの航海術も通用しない

それでも何とか偉大なる航路(グランドライン)の1つ目の航海が終わった。

新しい島であるウイスキーピークが見えたのである。

海賊を歓迎する町ウイスキーピーク

ルフィ達はウイスキーピークに上陸する時に注意を払っていた。

なぜなら、自分たちは海賊であるから歓迎されるかも分からない。

もしくは、化物の住処かもしれない。

初めての偉大なる航路(グランドライン)の島への上陸に戸惑っていた。

だが、実際にウイスキーピークに行ってみると町の人達はルフィ達を歓迎した。

ウイスキーピークの島民に歓迎される麦わらの一味

海賊を英雄扱いして、夜は豪華な食事と大量のお酒でルフィ達をもてなした。

そして、ルフィ達は一味全員寝静まった。

だが、これは罠であった。

ゾロの目は騙されない ウイスキーピークの裏の顔は賞金稼ぎバロックワークス

ウイスキーピークの正体は賞金稼ぎの巣であった。

ルフィ達を歓迎して寝静まった時間を見計らって金品を奪おうとしていたのである。

更にルフィは3000万ベリーの賞金首。

海軍に引き渡せばその額が貰えるのである。

実は、双子岬で会いウイスキーピークまで連れてきた2人組も賞金稼ぎの一員であった。

着々と賞金稼ぎ達の計画は進行していた。

だが、それに気づいていた男が一人いた。

ゾロである。

ゾロは最初からウイスキーピークの町の人達は賞金稼ぎであると見抜いていた。

賞金稼ぎ達の組織の名前はバロックワークス。

ゾロも賞金稼ぎ時代にスカウトされたことがあるので知っていたのである。

ウイスキーピークの島民は賞金稼ぎバロックワークスだったことを見抜いていたゾロ

賞金稼ぎ時代のゾロ

ゾロとバロックワークス100人の戦いが始まる。

ゾロはローグタウンで貰った刀の腕試しも兼ねていた。

ローグタウンで譲り受けた2本の刀

ゾロはバロックワークス達を次々と倒していく。

寝ているルフィを人質に取られながらも結局ゾロ一人でバロックワークス100人を倒してしまった。

これで一件落着かと思われた。

隠れた王女を抹殺に来たMr.5とミスバレンタイン

ウイスキーピークにバロックワークスの二人の刺客が送り込まれていた。

だが、それはルフィ達が狙いではなかった。

ウイスキーピークにいたミスウエンズデーは実はアラバスタ王国の王女ビビであった。

ミス・ウェンズデーの正体がアラバスタ王国の王女ビビであると分かった様子

また、Mr.8はビビの護衛隊長であるイガラムという名前であった。

彼らはバロックワークスの謎を調べるためにバロックワークスに潜入したのである。

なぜなら、バロックワークスはアラバスタ王国を乗っ取ろうと計画していたのである。

クロコダイルの本当の目的はアラバスタ王国に眠る古代兵器プルトン

そして、とうとうビビ達はバロックワークスの社長の正体を掴んだのである。

それを知られた為、ビビ達を抹殺するためにウイスキーピークにバロックワークスの手練であるMr5とミス・バレンタインを送り込んだのである。

ここでイガラムはゾロとナミにビビを助けるようにお願いする。

実はナミもウイスキーピークの歓迎には疑問を抱いていおり全く寝ていなかったのである。

そこで、ゾロはビビを助けるためにMr5とミス・バレンタインと戦おうとする。

だが、そこに現れたのはルフィ。

ルフィはゾロに怒っていた。

なぜなら、ゾロはウイスキーピークの人たちを一人残らず切ったからである。

そう。

ルフィはまだ、自分たちが騙されていることに気づいていなかったのである。

ここでルフィとゾロの喧嘩が始まる。

Mr5とミス・バレンタインもその喧嘩に巻き込まれて、結局二人はルフィとゾロに簡単に吹き飛ばされてしまう。

結果としてビビを守ることはできた。

ビビが掴んだ秘密、バロックワークスの社長は王下七武海クロコダイル

ルフィとゾロの喧嘩はナミによって止められた。

ここでナミはビビを救ってくれたお礼に10億ベリーを要求する。

だが、アラバスタ王国は内乱状態でそれどころではなかった。

その内乱をそそのかしているのがバロックワークスであった。

だが、ビビはここでバロックワークスの社長の名前をうっかりとルフィ達の前で話してしまう。

ビビがうっかりバロックワークスの社長が王下七武海のクロコダイルだとルフィ、ゾロ、ナミに話してしまったこと

バロックワークスの社長の名前はクロコダイル。

王下七武海の一人である。

七武海はゾロを倒したミホークと同じである。

ルフィ達がクロコダイルの正体を知ったことはすぐにバロックワークスに知られてしまった。

そして、ルフィ達はバロックワークスのブラックリストに載ってしまったのである。

ウイスキーピークの出港と自ら進路を決めるルフィ

王女であるビビは一刻も早くアラバスタ王国の内乱を唆しているのがクロコダイルだということをアラバスタ王国に戻って知らせなければならない。

ビビは内乱を止めることができるのか

そして、ルフィ達がビビを船に乗せてアラバスタ王国へ送り届けることを約束する。

イガラムはバロックワークスの追っての囮になった。

だが、バロックワークスの追ってはすぐそこにいた。

イガラムがウイスキーピークを出港してすぐにイガラムは爆発に巻き込まれてしまった。

ビビは悲しむ表情を見せるが、ルフィ達は必ずビビをアラバスタ王国へ送り届けることを決意する。

ウイスキーピークを出港すると、船に一人の女がいた。

女の名前はミス・オールサンデー。

イガラムを爆発した張本人である。

ミス・オールサンデーはアラバスタ王国への安全な進路を指し示した。

だが、ルフィはそれを断る。

ミス・オールサンデーがルフィ達に安全な進路を示すがルフィがそれを拒否する様子

ルフィ達の進路は自分たちで決める。

それが、ルフィの船長としての意地であった。

ミス・オールサンデー(ニコ・ロビン)は本当に敵なのか

ルフィ達はビビとペットのカルーをアラバスタ王国へ送り届けるために船を次の島へと進めた。

次のあらすじはこちら リトルガーデンのあらすじ1 恐竜と巨人の島

本記事の内容は以下の巻に収録。

前回のあらすじはこちら 双子岬のあらすじ ラブーンとの誓い