偉大なる航路(グランドライン)編

ウォーターセブンのあらすじ2 ロビンを捕まえろ、裏切りのCP9

前回のあらすじ

造船で有名なウォーターセブンに到着したルフィ達はゴーイングメリー号を修理することと空島スカイピアで手に入れた黄金を換金する為に島に上陸する。

黄金は3億ベリーに換金して、メリー号を治そうとした。

だが、すでにメリー号は治せないほど傷ついていた。

そのことに納得がいかないウソップは麦わらの一味を抜けてルフィと決闘をする。

ウソップはルフィに敗れて、ルフィ達はウソップの元を去る。

また、ロビンもウォーターセブンに入ってから行方が知れない。

一味が崩壊しつつあった。

前のあらすじはこちら ウォーターセブンのあらすじ1 ゴーイングメリー号への想いのすれ違い、ウソップ一味を抜ける

アイスバーグ殺人事件、犯人はロビンで謂れのない罪を着せられるルフィ達

ルフィとウソップの決闘の翌日、ウォーターセブン中に事件の一方が走った。

ガレーラカンパニーの社長であるアイスバーグが撃たれたのである。

ルフィとナミはアイスバーグの身を案じる為に再び造船所へ行く。

だが、そこに現れたのはフランキー一家の棟梁であるフランキーだった。

ルフィはかつての仲間であるウソップをひどい目に合わせた怒りが湧いていく。

ルフィとフランキーの喧嘩が造船所で始まる。

フランキーは口から火を吹いたり、手がロケットパンチのように飛んだりする改造人間(サイボーグ)であった。

一方で重症を負ったアイスバーグが目を覚ましていた。

アイスバーグは昨晩の事件の犯人を覚えていた。

それは、謎の仮面の男とロビンであった。

ロビンはルフィ達の仲間であるという情報は知られていたため、ルフィ達がアイスバーグを撃った犯人とされてしまう。

造船所でフランキーと喧嘩していたルフィは船大工にこの真実を知らされる。

ルフィ達がアイスバーグを襲撃した犯人だとパウリーに言われる

当然、ルフィには身に覚えのない話だったがロビンの行方はルフィ達は昨日から知らない。

ルフィはこの事実を認めないもののロビンの行方を探っていく。

高潮アクアラグナ

この時期はウォーターセブンに大きな高潮が訪れる。

それはアクアラグナと呼ばれている。

アクアラグナによって海列車パッフィングトムの運行も夜には止まる。

また、メリー号もすでに走れない状態なのでルフィ達はウォータセブンから出ることができない。

賞金首であるルフィとゾロは町中の人間から追われることになる。

サンジとチョッパーは別行動していた。

すると、二人の前に現れたのはロビンだった。

ロビンは昨日アイスバーグを撃ったのは間違いないと言う。

サンジとチョッパーに自分には闇があると言うロビン

そして、もう一味には戻らないとだけ言ってその場を去ってしまう。

サンジはそこから別行動をしてチョッパーはロビンが話したことをルフィ達に伝えに行く。

ロビンを捕まえる、ルフィ達の作戦は正面突破

ゾロが町の人間に追われている時にルフィとナミに合流する。

そして、隠れていたところをチョッパーが発見する。

チョッパーはロビンと会ったこと、そしてロビンがアイスバーグを撃ったことを皆に話す。

ルフィ達の中にロビンに対する疑惑が湧いてきた。

そもそも、敵として現れたロビンを船に乗せて航海してきたが、本当にロビンは自分たちの仲間なのか。

新しい仲間ニコ・ロビン

その真実を知るためにもルフィ達はロビンを捕まえることに決める。

ロビンを捕まえると決めるルフィ達

ロビンはその日の夜に次こそアイスバーグの殺人を実行する作戦である。

つまり、ガレーラカンパニーに現れたロビンをルフィ達で捕まえるのである。

そして、夜が来た。

ガレーラカンパニーでも厳重な警戒がされていた。

だが、そんな中ルフィ一人だけ社内に潜り込んでしまう。

それに続いてゾロ、ナミ、チョッパーも社内に入っていく。

裏切りの4人、世界政府直下暗躍期間CP9

アイスバーグの寝室に昨晩と同じロビンと仮面の男が現れた。

仮面の男はドアドアの実の能力者であり、何も無い壁でもドアを作り行き来することができる。

仮面の男達の狙いはアイスバーグが持っているある船の設計図であった。

だが、アイスバーグはそのことは分かっていた。

アイスバーグを狙っていたのは世界政府そのものだったからである。

仮面の男は一度アイスバーグを撃ちその場を離れる。

アイスバーグはロビンと二人きりになる。

アイスバーグはロビンに死ぬべきだと言う。

なぜなら、ロビンは歴史の本文(ポーネグリフ)を世界で唯一読める人物であり、古代兵器を呼び起こすことができるからである。

そして、アイスバーグも立場はロビンと変わらなかった。

アイスバーグは古代兵器プルトンの設計図を持っていたからである。

古代兵器プルトンとは

仮面の男には仲間がおり、すでに社内に侵入していた。

そして、その仲間達がプルトンの設計図を手に入れたと思ったが、それは偽物であった。

そして、仮面の仲間達がアイスバーグの元に再び集まる。

仮面の男たちは次々と仮面を取っていく。

その姿はガレーラカンパニーで船大工をしていたロブルッチ、カク、秘書のカリファ、ウォーターセブンの酒場のブルーノであった。

4人は世界政府直下の暗躍機関CP9だった。

ウォーターセブンに侵入していたCP9

最初からアイスバーグのプルトンの設計図を手に入れるために潜入していたのである。

だが、すでにアイスバーグの元にプルトンの設計図は無い。

なぜなら、すでに誰かに託しているからである。

その託した人の名前はフランキーであった。

実はアイスバーグとフランキーはかつて同じ師を持っていて一緒に過ごした仲であった。

CP9はアイスバーグを殺してフランキーの元へ行こうとする。

そこへ現れたのがルフィ達だった。

最強の体技六式

ルフィ達はやっとロビンを見つけて問いただす。

なぜこんな事をするのかと。

ロビンはルフィ達が知らない闇が自分にはあると言う。

それだけ言ってその場を去ろうとする。

ルフィは止めようとするが、邪魔をしてくるのがロブルッチだった。

ロブルッチは六式という体技を使い、空を飛ぶ月歩(ゲッポウ)や指で突く指銃(シガン)などの技でルフィ達を圧倒する。

六式について説明するルッチ

更にロブルッチはネコネコの実モデル豹(レオパルド)の能力者であった。

その力の前にルフィとゾロは吹き飛ばされてしまう。

そして、ガレーラカンパニーの会社自体が炎で覆われてしまう。

ルッチ達4人はフランキーの元へと向かっていく。

ウソップとフランキー、空島で船を治したのはメリー号自信だった

ウソップはアクアラグナの備えとしてかつて敵だったフランキーに力を借りていた。

フランキーのアジトにウソップとメリー号はいたのである。

だが、フランキーはメリー号を解体することを薦める。

実はウソップは分かっていたのである。

メリー号はすでにダメであることを。

ウソップは造船所での査定の結果を聞いた時、空島でのある出来事を思い出していた。

それは、船が燃やされてしまった時に翌日になると謎の男に船が修理されていたことである。

ゴーイングメリー号を治す謎の男

ウソップはその男がメリー号の化身であると思っていた。

フランキーによるとそれはクラバウターマンを見たのだと言う。

船乗りに語り継がれる伝説であり、船が船乗りに愛されていると人間の姿をして現れるという伝説である。

ウソップが見たのは確かにメリー号の化身だったのである。

空島スカイピアでウソップに話しかけてきたのはメリー号だったと知るウソップ

そんな事実を知った矢先にフランキーとウソップの元へCP9が訪れる。

次のあらすじはこちら ウォーターセブンのあらすじ3 仲間を助けるためにどこまでも追っていく

前のあらすじはこちら ウォーターセブンのあらすじ1 ゴーイングメリー号への想いのすれ違い、ウソップ一味を抜ける