偉大なる航路(グランドライン)編

エニエスロビーのあらすじ3 ルフィたちを助けに来たメリー号

ロビンを助けるために、麦わらの一味はロビンの手錠の鍵を持っているCP9と戦う。
そして、麦わらの一味はCP9を倒して、ロビンの手錠を外した。

だが、スパンダムはバスターコールを発動してしまう。
ルフィたちは早くエニエスロビーから脱出しなければならなくなった。

ルフィはルッチと戦っている。
ルフィの勝利を信じて、仲間たちはルフィを待つ。

エニエスロビーのあらすじ2 麦わらの一味 VS CP9ロビンを奪還するために、ルフィたちはエニエスロビーにのりこむ。 一足先にルフィは、CP9のブルーノと対峙する。 ルフィは新技のギア2...

正義の門に向かう麦わらの一味

ロビンを海楼石の手錠から解放した。

しかし、エニエスロビーに大砲の雨が降り注ぐ。
軍艦がエニエスロビーに到着してバスターコールが始まった。

司法の塔にいたゾロたちは、ロビンとフランキーに合流するために正義の門へと向かう。
正義の門には敵の船があった。
その船を使ってエニエスロビーから脱出する作戦であった。

ギア3

ルフィはルッチと戦っていた。
だが、ルッチはCP9の中で一番強かった。
ルフィはギア2を使う。

エニエスロビーのあらすじ1 ルフィたちに明かすロビンの過去ロビンはルフィたちを逃すことを条件に、政府に連行されていた。 ロビンの真意を知ったルフィたちは、ロビンが連行されたエニエス・ロビーへ向...

しかし、ギア2は体に負担をかける技であり、長時間の使用はできない。

そこで、ルフィは新しい技を使う。
技の名前はギア3。
体の骨に空気を送り込み、体の部位を巨人の体のように大きくする技である。

ギア3で左腕を巨人族のように大きくするルフィ

ギア3でルッチを追い詰める。

だが、ギア3にも欠点があった。
ギア3は体を大きくする反面スピードは半減してしまう。
また、ギア3を使っていた時間だけ、ルフィの体は小さくなってしまう。
ルフィとルッチは一進一退の攻防を続けていた。

海軍と戦う麦わらの一味

一方で、ゾロたちは正義の門に到着して、ロビンとフランキーと合流していた。

だが、軍艦の砲弾によってエニエスロビーは壊滅寸前だった。

残されたのはゾロたちがいる場所と、ルフィとルッチが戦っている場所だけだった。
ゾロたちの場所が狙われていないのは、ロビンをまだ拘束するつもりだったからである。
そして、海軍はゾロたちを囲い込み、白兵戦を仕掛けてくる。

このとき、ゾロは刀の一つである雪走ゆばしりを折られてしまう。

ローグタウンのあらすじ いざ偉大なる航路グランドライン助けを求めるナミの為に魚人海賊団と戦うルフィ達。 皆、満身創痍ながら最後はルフィがアーロンを倒した。 魚人海賊団の支配から解放さ...

麦わらの一味は、次々と現れる海軍と長期戦を強いられる。
なぜなら、ルフィがルッチと戦っている間は逃げ出すことができないからである。

それでも麦わらの一味は海軍と互角に渡り合い、ルフィの勝利を待っていた。

ルフィ VS ルッチ

ルフィはギア2を発動する。
ルッチを倒すまで解除しないと決める。
それだけルッチは強かった。

だが、ルッチは六王銃ロクオウガンでルフィを瀕死に追いやる。
そして、ルフィは立ち上がれなかった。

そのとき、ルフィに声をかけたのは、そげキングの仮面を外したウソップだった。
ウソップは誰よりもルフィの勝利を信じていた。
一度は一味を抜けたウソップ。
それでもルフィに対する信頼は揺るがなかった。

ウソップの声に息を吹き返すルフィ

ウソップの言葉によってルフィは再び立ち上がる。
ルッチの猛攻を受けても、ルフィは倒れない。
そして、ゴムゴムのJET銃乱射ガトリングでルッチを倒す。

助けに来たゴーイングメリー号

ルッチを倒したルフィ。

しかし、ルフィも戦闘の傷が深く体を動かすことができない。
ナミは敵の船に乗ってルフィの元まで行こうとする。

だが、海軍はその船を破壊してしまう。
唯一の逃げる手段が無くなってしまった。
絶体絶命であった。

そのとき、麦わらの一味は声を聞いた。
海に飛び込めと。
麦わらの一味にはまだ仲間がいた。

海に現れたのはゴーイングメリー号だった。
二度と走れないと言われていたメリー号は、仲間のピンチに駆けつけたのである。

エニエスロビーまで麦わらの一味を迎えに来たゴーイングメリー号
ウォーターセブンのあらすじ1 ゴーイングメリー号への想いのすれ違い、ウソップ一味を抜ける前回のあらすじ ルフィ達はフォクシー海賊団と仲間を賭けたゲームであるデービーバックファイトをしていた。 ルフィは見事フォクシーを打ち破...

メリー号はルフィたちを乗せる。
そして、ルフィたちは軍艦の包囲網をくぐり抜けて、エニエスロビーから脱出した。

メリー号との別れ

メリー号に乗ったルフィたちは、ウォーターセブンに向かっていた。

すると、前方からアイスバーグが船に乗ってやってきた。
アイスバーグはルフィたちが心配になって船に乗ってきたのである。

その瞬間、メリー号が急に傾き始めた。
元々、二度と走れないと言われていたメリー号。
仲間を助けたメリー号は限界を迎えていた。

ルフィはアイスバーグにメリー号を治すようにお願いする。
自分たちのピンチに助けてくれたメリー号を見捨てることはできなかった。

しかし、アイスバーグはすでにやれるだけの手は尽くしていた。
アイスバーグはウォータセブンでメリー号を見つけた。
すでに、メリー号はアクアラグナで壊れかけていた。

そのとき、アイスバーグは聞いた。
メリー号の「まだ走りたい。」という声を。

気づくと、アイスバーグはメリー号の修繕をできる限りしていた。
そして、修繕されたメリー号は1人でルフィ達を助けに来たのだった。

そして、メリー号は限界を超えて終わりを迎えようとしている。
ルフィたちはメリーの最後を受け入れる。
ルフィはメリー号に火を付けて、メリーとの最後の別れを告げる。

すると、メリーはルフィたちに語りかける。
もっとルフィたちと冒険がしたかった。
それでもメリーはルフィたちと共に冒険ができたことは幸せだった。
ルフィたちは目に涙を浮かべながら、燃えゆくメリーに別れを告げた。

ルフィ達に別れを告げるゴーイングメリー号とその別れに涙するルフィ達
ウォータセブンのあらすじ4 新しい船サウザンドサニー号でウォータセブンを去る前回のあらすじ ルフィはCP9のボスであるルッチと戦っていた。 麦わらの一味はバスターコールによって集まった海軍と白兵戦をしていた。...
created by Rinker

最新刊はこちら

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。