パンクハザード

パンクハザードのあらすじ3 シーザーの捕獲に成功、狙うのは四皇カイドウの首

前回のあらすじ

ロー達と海賊同盟を組むことになったルフィ達はシーザーを捕獲するために動いていた。

だが、ルフィ達は一度シーザーに捕まってしまう。

シーザーは最終兵器シノクニを発動してパンクハザードを毒ガスまみれにしてしまう。

ルフィ達はシノクニから逃げながら再びシーザーを捕獲しようとする。

また、ローとスモーカーはヴェルゴを倒すために戦う。

シーザー達との戦いは熱を増していく。

前のあらすじはこちら パンクハザードのあらすじ2 裏で動くのは王下七武海ドンキホーテドフラミンゴ

子ども達を逃がすナミ達とそれを追うモネ

ナミ達は施設に捕まった子供たちを逃がそうとしていた。

だが、それを追うのはシーザーの部下であるモネである。

モネはユキユキの実の能力者であり、自然系(ロギア)である。

モネを止めるためにゾロとたしぎが二人で残る。

最初にたしぎがモネと戦うが、モネはたしぎよりも強かった。

そこで、戦いの中に入ったのがゾロ。

ゾロはモネを真っ二つにして瞬殺した。

ゾロとたしぎは追手のモネを倒してナミ達を追う。

ロー&スモーカーVSヴェルゴ

ヴェルゴに心臓を奪われたローはヴェルゴには敵わなかった。

だが、そこに現れたのがスモーカー。

同じ海軍として生きてきたスモーカーとヴェルゴだったが、本当は海賊だったと知ってスモーカーは怒る。

そして、スモーカーはヴェルゴと戦う。

だが、それでもヴェルゴは強かった。

スモーカーもヴェルゴにやられてしまう。

だが、スモーカーの本当の狙いはヴェルゴを倒すことではなくローの心臓を奪い返すことだった。

ローの心臓を奪ったスモーカーはその心臓をローに渡す。

そして、ローは心臓を取り戻して再びヴェルゴに向かっていく。

ヴェルゴの強さの特徴である武装色の覇気を全身に纏う。

だが、ローの強さはヴェルゴの強さの上を行った。

ローの能力で施設全体をぶった切ってSADの製造機械を壊すことに成功する。

そして、ヴェルゴもローの能力によって体をバラバラにする。

ローは無事ヴェルゴに勝つことができた。

ルフィVSシーザー

ルフィはダストボックスに落ちてしまっていた。

そこで出会ったのが小さな龍の能力者であるモモの助である。

モモの助はワノ国の侍である錦えもんが探していた自分の子供だった。

ルフィはモモの助の力を借りてダストボックスから抜け出す。

そして、ルフィは再びシーザーの元へ辿り着いた。

ルフィは部下の事をなんとも思わないシーザーの事が気に食わなかった。

そしてルフィはシーザーを施設の外までふっ飛ばしてしまう。

ローの作戦はシーザーの捕獲だったが、ルフィはシーザーを逃してしまう。

ルフィの元に現れたローは急いでシーザーの元へ向かう。

同時に合流したナミ達や子供達と共にルフィ達は施設の外へ出る。

フランキーVSベビーファイブ&バッファロー

施設の外で待機していたフランキー。

フランキーの元に現れたのはドフラミンゴの部下であるベビーファイブとバッファローであった。

そして、3人の元にルフィがふっ飛ばしたシーザーが飛んでくる。

ベビーファイブとバッファローはシーザーを持って、ドフラミンゴのいるドレスローザに帰還するように言う。

だが、それを止めようとしたのがフランキーだった。

フランキーはアイアンフランキーに乗ってベビーファイブとバッファローを攻撃していく。

そして、その戦闘中に現れたのがルフィ達だった。

ベビーファイブとバッファローはすでにフランキーにやられて逃げようとしていたが、それを追いかけたのがウソップとナミだった。

ナミはソーサリークリマタクトの雷でベビーファイブとバッファローを倒す。

そして、逃げようとするシーザーを捉えたのはウソップの狙撃だった。

ウソップは海楼石の手錠をシーザーに狙撃してシーザーの捕獲をした。

ロー達が狙うのは四皇百獣のカイドウの首

シーザーを無事に捕獲したルフィ達。

施設に捕まっていた子供たちは海軍に引き渡していた。

シーザーを捕まえたことでローの作戦は少しずつ動き始めていた。

SADは人造の悪魔の実スマイルを作る材料である。

そのSADの製造を止めたことでスマイルを作ることができなくなる。

ドフラミンゴはスマイルでビジネスをしていた。

その大きな取引先が四皇カイドウが率いる百獣海賊団である。

百獣海賊団はスマイルを使って500人以上の能力者を作り出していた。

SADの製造を止めることでスマイルを作ることができなくなり、百獣海賊団を弱体化させることがローの狙いだった。

そして、次なる作戦はドフラミンゴのいるドレスローザに行き、実際にスマイルを作っている工場を破壊することであった。

そして、麦わらの一味はローを乗せてパンクハザードを後にした。

動き出すドフラミンゴとそれを止める青キジ

その頃、シーザーを捕獲されてしまったドフラミンゴは空を飛んでドレスローザからパンクハザードに向かっていた。

その途中でローの能力で首だけバラされたベビーファイブとバッファローが小舟にいた。

その小舟に下りたドフラミンゴの元には電伝虫があり、それはローと繋がっていた。

ローはドフラミンゴと交渉をする。

ローはシーザーを取り返してほしかったら王下七武海の座を下りることを要求する。

それにブチギレたドフラミンゴは再びパンクハザードへと向かう。

パンクハザードにはスモーカーがいた。

ドフラミンゴはスモーカーにルフィ達の居場所を聞き出し、今日中にルフィ達を始末する予定だった。

だが、スモーカーは口を割らない。

それに怒ったドフラミンゴはスモーカーを半殺しにする。

そこに現れたのがなんと海軍をやめたはずの青キジだった。

青キジはドフラミンゴからスモーカーを守った。

ドフラミンゴは青キジが現れたことでパンクハザードを後にする。

そして、翌日新聞の一面を飾ったのはドフラミンゴが七武海を下りたことであった。

ルフィ達は自分達の作戦が上手くいっている事を確認すると、次なる島ドレスローザへと船を向ける。

次のあらすじはこちら ドレスローザのあらすじ1 生きていたルフィの兄サボ

本記事の内容は以下の巻に収録。

次のあらすじはこちら ドレスローザのあらすじ1 生きていたルフィの兄サボ

前のあらすじはこちら パンクハザードのあらすじ2 裏で動くのは王下七武海ドンキホーテドフラミンゴ