黒ひげ海賊団

黒ひげ海賊団

提督

マーシャル・D・ティーチ(黒ひげ)

四皇の一人である。
グラグラの実とヤミヤミの実の能力者である。
元白ひげ海賊団の船員であり、同僚のサッチを殺してヤミヤミの実を奪う。
かつて、チョッパーの故郷であるドラム王国(元サクラ王国)を滅ぼしたこともある。

パナロ島では火拳のエースを倒して、身柄を海軍に引き渡すことで王下七武海の称号を得た。
その後インペルダウンで囚人を解放して仲間にする。
マリンフォードでは白ひげを殺して、グラグラの能力を奪う。

元白ひげ海賊団の残党との戦い”落とし前戦争”に勝利したティーチは四皇と呼ばれるようになった。
現在、海賊島ハチノス(かつてロックス海賊団が結成した島)を拠点としている。

1番船船長

ジーザス・バージェス

昔から黒ひげ海賊団の一員だった。
ドレスローザのコロシアムでメラメラの実を狙うも、革命軍のサボに奪われる。
その後、サボに倒されるも革命軍の拠点である

2番船船長

雨のシリュウ

インペルダウンの看守長を務めていたが、黒ひげに寝返った剣士。
実力はインペルダウンの所長マゼランと同等。
モリアの部下であるアブサロムの能力スケスケの能力を奪った。

4番船船長

悪政王アバロピサロ

インペルダウンのレベル6に投獄されていた囚人。
黒ひげによって解放され、黒ひげ海賊団の仲間になる。

5番船船長

鬼保安官ラフィット

西の海で名が通った保安官だった。
国を追われて黒ひげ海賊団に入る。
鳥のような能力を持ち、催眠術のようなものを使うこともできる。

6番船船長

若月狩りカタリーナ・デボン

イヌイヌの実 幻獣種 モデル九尾の狐の能力者である。
インペルダウンのレベル6に投獄されていた囚人。
黒ひげによって解放され、黒ひげ海賊団の仲間になる。

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック