伏線

黒ひげの伏線

”人の倍の人生を歩んでいる”の意味

45巻440話[“火拳VS黒ひげ”]においてエースは黒ひげに向かって、

「人の倍の人生を歩んでるお前が・・・」

と言っている。

エースが黒ひげに”人の倍の人生を歩んでいるお前が・・・”と言っている45巻440話”火拳と黒ひげ”

この事に関しては、96巻966話[“ロジャーと白ひげ”]において、当時、ロジャー海賊団の見習いだったバギーが黒ひげ(ティーチ)の事を

「生まれてこの方一度も眠った事がねェんだとよ」

と言っている。
これに対してシャンクスは

「人生倍楽しいのかな!」

と言っている。

ロジャー海賊団の見習いだったシャンクスとバギーの会話96巻966話”ロジャーと白ひげ”

つまり、エースが言っていたのは黒ひげは一度も眠ったことがない事を言っていることが分かる。

悪魔の実の能力を2つ持てる

黒ひげは白ひげ海賊団にいた時に、同僚のサッチからヤミヤミの実を奪って能力を手にしていた。
更に、頂上戦争に置いて白ひげからグラグラの能力をも奪った。
本来、悪魔の実の能力は一つしか持つことはできず、2つの能力を持つと体が飛散してしまう。
だが、黒ひげ(ティーチ)はいとも簡単に悪魔の能力を2つ手にした。
このことについて、59巻577話”畳み掛ける事件”において、マルコが

「体の構造が異形なんだよい!ーそれがこの結果を生んだのか?!」

と言っている。

マルコが黒ひげの体の異形について話している59巻577話”畳み掛ける事件”

“体の異形”というのが、前章での眠ることのない体を指しているのか、またはまだ明らかになっていない黒ひげの体の秘密があるのかは分からない。

伏線とその回収の巻はこちら↓

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック