伏線

サンジの出生の秘密

サンジはジェルマ66(ダブルシックス)の一族であったことが84巻で明らかになる。
だが、サンジの出生についてはいくつかの伏線があった。
本記事ではサンジの出生の伏線を紹介していく。

北の海(ノースブルー)生まれ

サンジは北の海(ノースブルー)出身である。
これは、サンジがジャヤで北の海(ノースブルー)の嘘つきノーランドの話を知っていることを明かした時に分かった。

だが、ルフィ達がサンジと出会ったのは東の海(イーストブルー)であり、ここで一つの疑問が生まれる。
サンジはどうやって北の海(ノースブルー)から東の海(イーストブルー)に行ったのか。
それはサンジが世界を移動するジェルマ66(ダブルシックス)の生まれであったからである。
北の海(ノースブルー)で生まれたサンジは東の海(イーストブルー)に移動した時に、ジェルマ66(ダブルシックス)から逃げ出した。

プリンス発言

サンジは事あるごとに自分の事をプリンスと呼んでいた。
アラバスタでは自分のことを「Mr.プリンス」と名乗り、バロック・ワークスから自分の姿を隠していた。
また、ゾロはよくサンジの事を「プリンス」と呼んでいた。
これは、実は本当の事で、ジェルマ66(ダブルシックス)の王族の息子だった。
サンジの呼び名からも、サンジはどこかの王族の一族であることが示唆されていた。

あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック