東の海(イーストブルー)編

フーシャ村のあらすじ ルフィと偉大な海賊シャンクス

ルフィと赤髪海賊団

ワンピースの物語は、

ルフィの生まれ故郷であるフーシャ村から始まる。

フーシャ村には当時7歳のルフィと

村に停泊している海賊がいた。

少年時代のモンキー・D・ルフィ

その海賊、赤髪海賊団の船長がシャンクスである。

赤髪のシャンクス

 

ルフィはシャンクス達みたいな海賊に憧れており

航海に連れて行ってもらう様にシャンクス達に迫るが、

航海の危険も分かっているシャンクスはルフィを決して航海に連れて行ってくれない。

決してシャンクスはルフィの海賊になりたい気持ちが分からないわけではなかったのである。

海賊を馬鹿にする山賊たちと笑い飛ばすシャンクス達

少し事件が起きる。

村の酒場で宴をしていたシャンクス達は、

店のお酒を飲み干してしまう。

そこに酒場へ表れたのはお酒を求めにやってきた山賊。

お酒がないことがシャンクス達のせいだと分かると、

お酒をシャンクスにぶっかけて酒場を後にする。

山賊のヒグマに酒をかけられたシャンクス

 

しかし、馬鹿にされたシャンクス達は笑っている。

山賊のヒグマに酒をかけられて笑って見過ごすシャンクスとその一味

これを見ていたルフィは我慢ならず、シャンクス達を怒鳴りつける。

それを見たシャンクスはルフィの腕を取り機嫌を取ろうとした時、

なんとルフィの腕がゴムのように伸びてしまっている!

シャンクスがルフィの手を引っ張ったらルフィの手がゴムのように伸びた

ルフィはシャンクス達が航海で盗ってきた悪魔の実の一つである

“ゴムゴムの実”をいつの間にか食べてしまったのである。

ここでゴム人間ルフィが誕生するのである。

→悪魔の実とは

山賊達に襲われるルフィと助けるシャンクス達

数日後、

ルフィが1人で酒場にいると再び山賊がやってくる。

お酒を飲んでいる山賊達は

以前のシャンクス達の笑い飛ばしていた姿を馬鹿にしている。

そのことに我慢できなかったルフィはシャンクス達は偉大な海賊であると言う。

シャンクス達の事を馬鹿にする山賊達を許せないルフィ

そのことがきっかけでルフィは山賊に襲われてしまう。

 

そこに助けに入ったのがシャンクス率いる赤髪海賊団である。

シャンクスはお酒をかけられても笑い飛ばしていたが、

友達を傷つけられることは許せなかった。

山賊にボコボコにされているルフィの助けに入るシャンクス

赤髪海賊団の強さは底知れず、

副船長であるベン・ベックマンが長銃を剣のように持って山賊達を一瞬にして倒してしまう。

 

しかし、一人残った山賊はルフィと一緒に一隻のボートに乗って海へ逃げてしまう。

山賊はルフィを海へ蹴り飛ばしてしまう。

だが海にはシャンクスが言ったように危険がたくさんあった。

海の怪物である近海の主が山賊を食べてしまう。

ルフィと海へ出た山賊のヒグマが近海の主に食べられてしまう

ルフィも逃げたいが、悪魔の実を食べているルフィは

海では力が抜けてしまいカナヅチになってしまう。

 

ルフィも近海の主に食べられそうになった時に助けてくれたのがシャンクス。

鋭い眼光を近海の主に向けると近海の主は怯えたようにして逃げていった。

だが、ルフィを助けたシャンクスの左腕はそこにはなかった。

ルフィを近海の主から助けた代償としてシャンクスの左腕が食われてしまう

自分の左腕を失ってまでも助けてくれたシャンクスの偉大さをルフィは心に刻んだ。

託される麦わら帽子

フーシャ村を拠点に長く航海していた赤髪海賊団は

ついにフーシャ村を離れることになる。

 

そこでルフィはシャンクスを超えるために海賊王になると宣言する。

するとシャンクスは立派な海賊になることを約束して

自分が被っていた麦わら帽子をルフィに託す。

シャンクスが被っていた麦わら帽子をルフィに託す

ルフィは涙を流しながら、大きな海賊になることをシャンクス達に誓う。

この麦わら帽子がルフィにとってのトレードマークとなっていくのである。

 

10年後、

シャンクス達が出港した港から成長したルフィが海賊として海へ出る。

ルフィの10年間

そこに待っていたのはシャンクスの左腕を奪った近海の主。

だが、10年鍛えたルフィの”ゴムゴムの銃(ピストル)”によって一撃でK.O.。 

10年後、海賊として船出をして現れた近海の主をゴムゴムの銃(ピストル)で倒すルフィ

麦わら帽子の少年の長い航海が今から始まる。

海賊王になる夢を叫びながら出港するルフィ

本記事の内容は以下に収録。

次の話はこちら ゴース島のあらすじ ルフィの覚悟と小さな海軍