毎週金曜17時より5話ずつ週替り配信中
偉大なる航路(グランドライン)編

エニエスロビーのあらすじ1 ルフィたちに明かすロビンの過去

ロビンはルフィたちを逃すことを条件に、政府に連行されていた。
ロビンの真意を知ったルフィたちは、ロビンが連行されたエニエス・ロビーへ向かう。

先にサンジ、ウソップ、フランキーは海列車に乗っていた。
CP9と対峙するも、敗れてしまう。
そして、ロビンとフランキーはエニエスロビーへと連行される。

ルフィたちはサンジとウソップと合流した。
そして、再びロビンを取り返しに行くために、エニエスロビーへと足を踏み入れる。

ウォーターセブンのあらすじ3 ロビンを助けるためにどこまでも追っていく前回のあらすじ ウソップが一味を抜けた翌日、ウォーターセブンではアイスバーグが撃たれた事件で持ち切りだった。 アイスバーグが事件当時に...

巨人族のオイモとカーシー

エニエスロビーに到着したルフィは、一人で敵の本陣へ向かっていく。
続いて、ゾロたちもエニエスロビーへ入っていく。

だが、敵の戦力は1万人。
さらには、巨人で門番のオイモとカーシーが立ちはだかる。

この時、そげキングウソップは二人の話に疑問を持った。

オイモとカーシーはかつての巨人海賊団の船員だった。
巨人海賊団は2人の船長、ドリーとブロギーからなる海賊団だった。
しかし、2人はリトルガーデンで喧嘩を始めてしまう。
これを機に、巨人海賊団は解散してしまう。
50年経っても終わらない喧嘩に疑問を持ったオイモとカーシー。
だが、道中で海軍に捕まってしまう。
そこで、2人はドリーとブロギーが海軍に捕まっているという話を聞く。
オイモとカーシーはエニエスロビーを100年間守り続けることで、ドリーとブロギーを解放するという約束を海軍と交わした。
だが、ドリーとブロギーが捕まったというのは、海軍の嘘であった。

オイモとカーシーの話を聞いたウソップは、ドリーとブロギーは海軍に捕まっていないと言う。
なぜなら、ウソップはドリーとブロギーに会っていたからである。

リトルガーデンのあらすじ1 恐竜と巨人の島ウイスキーピークはバロックワークスのアジトだった。 バロックワークスはルフィたちをはめようとする。 しかし、バロックワークスの思...

ウソップの話を聞いたオイモとカーシーはウソップに寝返る。
そして、ゾロたちはエニエスロビーの奥まで進んでいく。

カクとカリファ 新しく能力者になる

一方で、CP9はロビンとフランキーを長官のスパンダムの元へと連行していた。
そこには、ルッチたち以外のCP9が勢揃いしていた。

スパンダムはルッチたちの任務の祝いとして、カクとカリファに悪魔の実を渡す。
カクとカリファは悪魔の実を食べて新しく能力者となった。

ルフィVSブルーノ

ルフィはロビンがいる司法の塔の前まで来ていた。

そこに現れたのはCP9のブルーノだった。
ルフィはガレーラカンパニーで、CP9との実力の差を見せつけられていた。
だが、その時のルフィとは違う。
ロビンを本気で助けに来たルフィの強さは、ブルーノと互角に渡り合っていた。

二人は一進一退の攻防を繰り広げる。

そこで、ルフィは戦いの最中、新しい技を発動する。
技の名前はギア2。
体から蒸気を出して身体能力を極限まで引き上げる技である。

ルフィのパンチは目にも止まらぬ速さでブルーノを攻撃していく。
ギア2は六式の一つであるソルを使いこなせるようになる技であった。
最後は、ルフィがゴムゴムのJETバズーカでブルーノに止めを刺す。

戦いを終えたルフィの前に現れたのはロビンだった。

麦わらの一味集結 CP9との直接対面

ロビンはフランキーの力を借りてルフィの前まで連れ出された。
だが、ルフィとロビンの間には大きな崖があり、近づくことができない。

ここでロビンは助けに来たルフィに対して怒りを見せる。
ロビンは助けに来てほしくなかったと言う。

だが、ルフィの元に仲間が続々と集まってくる。
麦わらの一味が勢揃いしたのである。

一方でロビンの周りにもCP9が集まる。
麦わらの一味とCP9の直接対面である。

そして、ロビンが助けてほしくない理由を自らの過去と合わせて語りだす。

ロビンの過去

ロビンが出会ったのは巨人のサウロ

ロビンの故郷は、考古学で有名なオハラという島だった。
ロビンの母親も考古学者であり、母親は何年も島に戻っていない。
幼少期のロビンは親戚の家で嫌がらせを受けながら生きていた。

さらに、ロビンはハナハナの実の能力者だった。
能力者のロビンを島中の人は忌み嫌っていた。

そんなロビンが心を許せる存在だったのが、クローバー博士率いる考古学者だった。

ある日、ロビンは海岸で倒れている巨人を見つける。
巨人の名前はハグワール・D・サウロ。
サウロとロビンはすぐに仲良くなり、二人で楽しい時を過ごしていた。

だが、そんなオハラの島に恐怖の足跡が近づいていた。

バスターコール

考古学者は法律で禁じられている古代の本文ポーネグリフの解読をしていた。
古代の本文ポーネグリフを読み解くことで、900年前~800年前の時代(空白の100年と言われている)の歴史を知ることができると言われている。

だが、世界政府にとって都合の悪い歴史はもみ消したほうが良い。
よって、法律で古代の本文ポーネグリフの解読を禁じていた。

空白の100年について語りだすクローバー博士
空白の100年空白の100年とは 「空白の100年」とは900年~800年の歴史のことである。 この期間の歴史は政府に取って都合が悪いので、「空白...

そして、オハラから古代の本文ポーネグリフが見つかった。
考古学者の古代の本文ポーネグリフの解読が明らかになり、世界政府はバスターコールを発動する。
島民たちはオハラから逃げ出そうとするが、無数の砲弾によって全員が死んでしまう。

バスターコールバスターコールとは バスターコールとは無数の軍艦が雨のように砲弾を降らせる攻撃のことである。 その凄さは島一つがなくなるほどの脅威で...

オハラから一人だけ生き残ったロビン

ロビンはサウロが守っていた。

サウロの正体は海軍だった。
サウロはバスターコールの作戦への参加を要請されていた。
しかし、バスターコールの発動に納得がいかなかった。
そこで、謀反を起こしてバスターコールの作戦を阻止しようとした。
その結果、サウロはオハラに流れ着いたのであった。

サウロはロビンを逃がそうとする。
しかし、二人の前に立ちはだかったのが当時、海軍中将のクザン青キジだった。

サウロは死に際にロビンに言う。
必ずロビンを認めてくれる仲間が現れると。
そう言葉を残し、サウロはクザンに氷漬けにされてしまった。

ロビンがボートで逃げようとすると、クザンがそこにいた。
だが、クザンはロビンを逃がすことに決める。
クザンはサウロと親友であった。
サウロが命を懸けて守ったロビンの命の行く末を見届けるためであった。

ロビンを逃がすことに決めるクザン(後の青キジ)ONE PIECE 40巻 第397話 未来へ届くように

そして、オハラの島で唯一ロビンが生き残った。

だが、ロビンは古代の本文ポーネグリフを世界で唯一読める人間であった。
よって、ロビンは7800万ベリーの懸賞金を懸けられた。

ロビンはどこで生きようとも、人を疑いながら生きてきた。

懸賞金目当てに告発する人間。
疫病神扱いする人間。

そんな人たちを裏切りながら20年間生きてきた。

世界政府への宣戦布告

ロビンは20年間も人に裏切られてきた。

そんな中、ルフィたちと出会った。
心を許してくれる仲間と出会った。

それでも、ロビンのことをいつか裏切るのではないかと疑っていた。
なぜなら、ロビンの敵は世界そのものであるから。
ロビンは生きることに疲れて、死にたいと思っていた。

ロビンの話を聞いたルフィは、そげキングウソップに命令する。
世界政府の旗を撃ち抜けと。

そげキングウソップはルフィの言う通りに世界政府の旗を撃ち抜く。

世界政府の旗への攻撃は、世界政府への宣戦布告を意味する。
つまり、全世界を敵に回すということである。

それでもルフィたちはロビンを助けるためなら躊躇わない。

ルフィはロビンに生きたいと言うように叫ぶ。
ルフィたちの想いがやっとロビンに届いた。
生きてもいいと許してくれる仲間がいる。

ロビンは生きたいと叫ぶ。

ロビンもルフィたちと冒険がしたいと叫ぶ。

ルフィ達に諭されてロビンは生きたいと叫ぶONE PIECE 41巻 第398話 宣戦布告

ロビンの心は取り戻した。

あとは、CP9を倒してロビンを奪還するだけである。

麦わらの一味とCP9の戦いが今から始まる。

エニエスロビーのあらすじ2 麦わらの一味 VS CP9ロビンを奪還するために、ルフィたちはエニエスロビーにのりこむ。 一足先にルフィは、CP9のブルーノと対峙する。 ルフィは新技のギア2...
最新刊はこちら
あらすじ検索は下の”カテゴリーを選択”をクリック