偉大なる航路(グランドライン)編

シャボンディ諸島のあらすじ1 世界の創造主の末裔である世界貴族、権力に屈しないルフィ

前回のあらすじ

スリラーバーグで七武海の一人であるゲッコー・モリアと戦っていた麦わらの一味。

モリアに勝ったものの、もう一人の七武海であるバーソロミューくまが現れる。

くまによってゾロは瀕死状態になるが、命は助かる。

そして、麦わらの一味にブルックが仲間として加わる。

ビブルカードによってルフィの兄であるエースの身を案じるルフィだったが、エースの事を信じて次なる島に向かって船を進めていた。

前のあらすじはこちら スリラーバーグのあらすじ3 新しい七武海バーソロミュー・くま、身代わりのゾロ

再び辿り着いた赤い土の大陸(レッドライン)

ルフィ達はスリラーバーグを出港して数日経つと赤い土の大陸(レッドライン)に到着した。

赤い土の大陸(レッドライン)は偉大なる航路(グランドライン)に対して垂直にぐるりと伸びている大陸のことである。

ちょうど双子岬と地球の裏側に位置する場所まで来たのである。

ルフィ達の次なる島は魚人島。

だが、魚人島は海底にあるため船で行くことはできない。

そこで困っていたところで出会ったのが人魚のケイミーだった。

人魚のケイミーの友達であるタコの魚人ハチを助ける

ルフィ達は人魚のケイミーを珍しがっていた。

だが、ここで事件が起こる。

ケイミーの友達であるハチという友達が人攫いに捕まってしまったのである。

ルフィ達はケイミーの友達であるハチを助けるために、人攫いのトビウオライダーズのアジトに向かう。

トビウオライダーズのアジトに到着すると捕まっている魚人のハチがいた。

だが、実はハチはナミの故郷であるココヤシ村を襲ったアーロン一の仲間だった。

ハチだけ監獄から逃げ出してたこ焼き屋を経営していたのである。

アーロン一味であるタコの魚人ハチ

ルフィ達はハチを助けようと迷うが、ナミはハチを助けることに決める。

ナミがハチを助けようとするなら麦わらの一味は皆協力する。

麦わらの一味はハチを助けるためにトビウオライダーズと海戦を繰り広げる。

だが、トビウオライダーズのボスである仮面をした男デュバルはサンジに恨みを持っていた。

なぜなら、デュバルの顔は似顔絵で描かれたサンジの手配書の顔とそっくりだったからである。

そのため、デュバルは海軍に追われて酷い目に合っていた。

だが、サンジも手配書の似顔絵には納得がいっていなかった。

サンジは逆ギレしたデュバルを倒してハチを無事に救出することに成功する。

ハチを助けたルフィ達はシャボンディ諸島に向かっていた。

船で魚人島に行くには船をコーティングしなければならない。

そのコーティングする場所がシャボンディ諸島である。

なので、ハチの知り合いであるコーティング屋に会いに行くために麦わらの一味はシャボンディ諸島へ向かっていた。

シャボンディ諸島到着、世界の創造主である世界貴族

シャボンディ諸島に到着したルフィ達は島を歩き始める。

だが、シャボンディ諸島は海軍本部も近いために海軍の強さも今までと段違いである。

そこへ、ルフィ達の前に現れたのは世界貴族という人達である。

世界貴族には絶対に逆らってはいけなかった。

なぜなら、世界貴族は世界政府という組織を作った王達の末裔だからである。

なので、世界貴族に危害を加えると海軍本部大将がやってくる。

世界貴族は奴隷を持ちながらシャボンディ諸島を歩いていた。

ルフィ達は世界貴族をやり過ごしながら、コーティング屋の元へ向かった。

ルフィ達はシャッキーという女性が経営するバーに到着した。

そこにコーティング屋がいるはずだった。

だが、コーティング屋は何ヶ月もそのバーに帰っていなかった。

なので、ルフィ達はシャボンディ諸島を探すことになった。

最悪の世代11人の億超えルーキー

シャボンディ諸島を巡る際に気をつけなければならないのが、現在海賊のルーキー達がシャボンディ諸島に集結していることだった。

億超えのルーキー達がルフィ、ゾロを含めて11人シャボンディ諸島にいる。

なので、なるべく騒ぎを起こさないようにコーティング屋を探すことになった。

だが、ここで事件が起こる。

ケイミーが人攫いに捕まってしまったのである。

ケイミーは人魚であり、奴隷を売るヒューマンショップでは高く売れるからである。

ルフィ達は急いでケイミーを探した。

その頃、シャボンディ諸島にある一つのヒューマンショップにケイミーが捕まっていた。

その店にはルフィ達と同じ海賊のルーキーである最悪の世代のトラファルガー・ローとユースタスキャプテンキッドがいた。

更には世界貴族もいた。

ヒューマンショップで売られているケイミーを救え

ルフィ達はケイミーがいるヒューマンショップを突き止めたが、ケイミーは外すと爆破する首輪を付けられており、無理やり連れ出すことはできない。

そこで、ナミはスリラーバーグで手に入れたお宝でケイミーを買い戻す作戦を立てる。

お宝は少なく見積もっても2億ベリーはある。

そして、ヒューマンショップで奴隷の競りが始まった。

そして、遂にケイミーが現れた。

ナミがケイミーを買おうとしたが、世界貴族は5億ベリーで買うと言い出す。

いきなりの高額ナミ達に成すすべはなかった。

そこで、ルフィは無理やりケイミーを助け出そうとする。

それをハチが止めようとするがハチが魚人だとバレてしまう。

シャボンディ諸島には人間以外の人種である魚人は迫害されてきた風習が残っていた。

なので、ハチは他の人から気持ち悪がられていた。

その時、世界貴族はハチを銃で撃つ。

世界貴族はハチさえも奴隷にしようとする。

そのことに怒りを覚えたルフィは世界貴族を殴り飛ばす。

世界貴族に危害を与えると海軍本部大将がやってくる。

だが、ルフィにとってそんなことは関係なかった。

友達がやられるのを黙ってみているわけにはいかなかった。

ルフィ達は世界政府を怒らせてしまった。

ルフィ達はこれからどうなっていくのだろうか。

本記事の内容は以下に収録。

前のあらすじはこちら スリラーバーグのあらすじ3 新しい七武海バーソロミュー・くま、身代わりのゾロ